本文へスキップ

群馬県渋川市のマッサージや治療の薬師堂気功指圧センターです。

薬師堂気功指圧センター

身体の中の気象を整える

治療の目指すもの

方針イメージ

地球に気象があるよに身体の中にも気の流れがあり、気象があります。その気の流れを感じながら、患者さんの身体の中心に語りかけて、中心からのエネルギーが湧き上がり、自然治癒力が働き出すように治療してゆきます。

治療内容

1針灸 2、気功指圧、 3.気功の三つの治療を行っています。治療は、ぞれぞれの状態に合わせ行い、症状によっては、すべてを行うこともあります。基本 的にすべての人の「気」の流れを見ながら行いますので、自然で無理のないとても気持ちのいい治療となります。身体の中心から気がわき上がり、元気を回復 し、落ち着きを取り戻します。人間は、自分自身の中心にすでにエネルギーのわき上がる泉をもっていますので、その泉を開き自然に治ってゆくことを助けます。

1、針、灸治療

針、灸は、自然の気の流れを見ながら、反応のでているツボに針をうち、気の調整をします。使用する針はすべて使い捨てのディスポーザブル針ですので、人からの感染の心配もなく安心して治療が受けられます。
 はじめての方で、針を怖がる方もいますが、特別痛みに敏感である方以外は、ほとんどの方が気持ちよくなります。それは、針をうつことによって、気の流れがよくなり、脳内から快感物質が放出されるからだと思われます。

五十肩、腰痛、膝の痛み、甲状腺機能亢進症などの内分泌系の異常、不定愁訴、更年期、不妊症、逆子、などさまざまな症状に効果的です。

針と気功を併用していますので、打った針から気を入れて治療しています。二つの相乗効果で健康を回復します。

2,気功指圧 

元々は経絡指圧を学んだなかから、より実際的で単純な方法として生まれたのが、薬師堂オリジナルの気功指圧です。経絡よりも身体の中心に流れる中脈を開くことを主眼に行われます。

 気を入れながら行うために身体が温かくなって、気持ちが良くなります。それは、こちらからの気はもちろんですが、患者さんの身体の中心が開くために、患 者さん自身の気がわき上がり、自然治癒力が高まり、痛みや疲労を自然に回復してゆきます。

 ヒーリングミュージックを聞きながらの治療は、大変気持ちよく、思わずわれを忘れてどこにいるのかわからなくなってしまうくらいです。

 中心からわき上がる気のすばらしさをぜひ体験してみてください。

気の治療であるためにほとんど揉みかえしもありません。

3,気功治療

気功治療は、針、指圧と組み合わせて行われることが多いです。なぜなら、ただ気を入れるよりも、患者さんが具体的にその感触を味わうことができるので、 針、指圧を行いながら、気を入れてゆきます。気に対して敏感なかたは、手をかざして気を入れるだけでも、充分その感触を味わうことができますので、遠くか ら手かざしで気を入れることもあります。身体が熱くなり、内臓が動き出します。気もよするに生体電流で電磁波に似たものですので、そう思うとわかりやすい と思います、ただ、その感受性には個人差があります。


患者さんの体験談

パニック障害から気功と治療で回復した患者さんの体験談

この方は、30代半ばの二児の母です。2年ほど前から気功教室に通いはじめ、現在ではすっかり元気になって、勤めもできるようになりました。こちらの言うことを素直に聞いて実行してくれたのが良かったと思います。
 般若心経をうちで読むことを勧めましたが、それも素直に実行してくれました。般若心経はこの世の一切が空だと言っているので、それを大きな声を出して読 んでいると、しだいに身体と潜在意識に染み込んできて、現実の苦しみから離れることができるようになると思います。

1、パニック障害の発症

 よくTVなどで芸能人が、「自分はパニック障害です。」と話題になっていますが、私は今から二年ほど前に、突然、目の前が真っ暗になってしまいました。
 はじめは何が起きているのかさっぱりわからす、もしかして若年性の更年期!?と心配でした。

 胸を締め付けられるような動悸に見舞われ、息が苦しい。頭がフラフラして訳もなく涙がボロボロ落ちてきます。食べられません。なかなか眠れずお酒もたくさん飲みました。真冬なのにあせもができるくらい汗をかき、とうとう一ヶ月で5キロぐらい体重が落ちてしまいました。
 そして、とにかく不安なのです。訳もなく不安のです。不安が離れてくれないのです。しばらくして、身近に自分の死まで感じるようになりました。

 これは後に、パニック性のうつ病を併発していたからだと聞かされました。
 まだ、保育園に通っていた幼い二人の子供たちのためにも治さなければと、心療内科を選んだのは、身体症状よりも不安の力が強くてどうしょうもなく怖かったからです。

 2,診断
 初診でパニック障害と診断されたのはラッキーでした。大概は不安神経症とかと混同されてしまい治療が長引いてしまうそうです。
 月に二回、30分間、カウンセリングのDrに自分の生い立ちで起こった心のつかえを暴露する形で、ずっとためこんでいた怒りや憎しみ不安、ありとあらゆるネガティヴな感情を吐き出し、ひたすら聞いてもらいました。

 こうやって抗不安薬を渡されるのです。
 薬は良く効きます。副作用で眠くて仕方ありません。車の運転も家事の間も眠くてぼんやりしてしまいます。

 この薬はこれから先、何年飲み続けなければならないのだろう?と新しい不安のおまけ付きでした。

3,一時的なもの
 それまでの私は、自らの強い意志と努力さへあればどんなことでも切り開ける、乗り超えられると信じ続け、しっかりと確実に生きてきました。
・・・・・・が、今回、パニックになって、自分には限界があるということを思い知らされました。

 症状の方は薬のおかげで次第に楽になってきました。そんな頃、「脳と脊髄を刺激する」と書いてあった薬師堂さんの広告を何気なく見て、脳内物質が関与しているこの病気に良いかも知れないと訪れてみました。私はそこで新しい先生と出会いました。

 心療内科では、他人には絶対話せないような内容でも全て聞いてくれて、アドヴァイスしてくれます。薬もくれるし効きます。でもそれは、あくまで一時的なものだったのです。

4,新しい風
 今の世の中がそうであるよに、ずっと自分が信じてきた事、確かだと思っていたのものが、瞬時にガラガラと崩れ落ちて行きます。驚きと不安に脅え、またそ の不安をかき消すために外に向かって働きかけ続けなければなりません。まるで終わりのない不安の追いかけっこでした。

 新しい先生に気功を通じて学んだことは、この一連の追いかけっこを止めることです。そして、意識を自分の内側に向け、血液のように身体じゅうを流れている気を感じながら、バラバラになってしまった心と身体を整え、自分がもともと持っていた健康を取り戻すことです。

 これが人間という動物にとって一番自然なことで、ただそれだけでいいと私は思っています。

 そしてこのことは私にとって「真(心)の癒し」となりました。

 パニック障害に限らす、今、この世の中を生きている人はみな「真(心)の癒し」が必要なのではないでしょうか。

                 薬師堂さんに心から感謝しております。 2008年11月10日


ハリ灸治療で見事サロマ湖100キロマラソンを完走した患者さんの手記

良いです。
薬師堂の先生には、大変お世話になっています。
5月、サロマ湖100キロマラソンにくけて練習してたところ、GWに突入 したとたん、練習をしたんだけど足が痛くて、走れませんでした。そこで薬師堂にいき、徐々に治療してもらったところ少しづつ走れるようになり、6月に行わ れたサロマ湖100キロマラソンは無事完走できました。少し練習が多くなると走れなくなるので、それから定期的に通い治療しています。