最新記事

気(波動)を感じる力を高めよう!

昨日は、2ヶ月ぶりに山梨まで上江洲先生の光話会へ行って来た。行き帰り雨になると困るなと思ったが、行きには少し晴れて逆に暑くなったし、帰りも大して降られることもなく無事帰ってくることができた。なんとなく先生も疲れているように見えたが、それは梅雨の気候のせいではなかったようで、先生が光話の中で、こんな話をしていた。

それは、奈良の会場でのことだったそうで、ある人の質問で、もし自分が無くしたカードを家に帰ったら、物質化してテーブルの上に置いておいてくれなければ、奥さんに離婚されてしまうというものだった。先生を試すような随分失礼な質問だと思う、しかも自分ではなく奥さんがした質問とし、離婚されるからなんとかしろというまったく自分勝手で無責任なものだ。こんな馬鹿げた質問を師に対してしてしまうのは、おそらくその人が、先生の教えを単に頭で理解しているだけで、先生の発する精妙なエネルギーの波動を感じとることができないからなのだと思う。

その質問に対する先生の答えは、そもそも愛一元の世界にいるのだから、たとえ離婚しても、本質的に別れるということは有り得ないのだから、恐れる必要はないというものだったと思う。それとカードの物質化の件は、それでは、物質化しますが、そのカードを見るには、心に一点の曇りがあってもならない、心の汚れている人には見ることはできないというものだった。なかなか見事な返しだと思った。そして、先生は。自分の人間という形の奥にあるものを、その本質が放つ波動を感じとるようにと言っていた。確かにその通りだと思った。その時私は心の中で、いつも先生の精妙な波動を感じ感謝していますので元気をだしてくださいと答えていた。そう思ったのも、40年間絶えず本質を説き続けても、未だにこうした質問が来ることに、さすがの先生も少し疲れているように感じたからだ。

帰りの車中で、友達とその話になり、そういえば、随分たくさんの人たちが、来なくなってしまったのも、結局、彼らは、先生が発する精妙な波動を感じることができなかったからではないと語り合った。

今朝、治療に来た患者さんは、気に対する感受性の強い方で、足に気を送っているにもかかわらず痛みの原因である腰が痛いという人だ。そして、その人が、高野山に行った時の話をしていたので、「空海は今でもエネルギー体として生きているという話を聞きますが、空海に会えましたか」と聞いたら、確かに生きていてその波動を感じることができたと答えた。

こうした患者さんは、気の感受性が高いので、針を打ってそこへ気を送ると治りが早い。自分を肉体だと錯覚していると必要以上に変に筋肉を鍛えてみたりと間違った方向に向かいがちだが、本当に必要なのは、気(生命エネルギーの波動)を高めることだと思う。そうすれば、素晴らしい体験が待っているのだから。

治療とは、マイナスを0に戻すことではなくプラスに変える事だ。

音の城を作ることで、すっかり心の平安を取り戻した患者さんが、昨日は指圧の後、ギターを片手に演奏してくれた。今までは、音の城の中で、心身の回復を図っていた彼が、いよいよ外の世界に向けて音を発し始めた瞬間だった。これを思うと治療とは、今までマイナスだった状態を単に0に戻すだけでなく、さらに生き生きと生きていけるようにプラスに変える事だということが良く分かる。

音楽といのは、素晴らしいし楽しいし、その音が周り中に広がっていくので、大変影響力があると思う。自分は、音楽については、まったくの素人なので、和音とかコードとかよくわからないが、昨日の患者さんの話では、ラの音がAで440ヘルツでギターの調律の基本の音として使っているとうことを教えてくれた。なんでドがAではないのかと不思議に思っていたが、そういうことなのかと思った。

自分が普段唱えている般若心経が、どんな音程で唱えているのかはわからないが、きっと意味のある音程で自然に唱えているのだと思う。読経している時は、音そのもの中に入り、その音を越えて深い境地へと入ることを目的としているので、あまり音程のことには囚われていない。むしろすべてを忘れ去るために声を出している。いずれにしても、こうして自ら音を発することで、心も身体も元気になっていくことは素晴らしいことだと思う。

毎日薬100錠、でも減らしたら元気になった

以前から治療に通ってきてくれている男性の患者さんがいる。彼は、精神障害があって、学生の頃から薬を飲んでいた。ここへ来始めた頃も、夜眠れないと言っては薬を飲んでいたようだ。目に輝きがなく、全体に浮腫んだように太っていた。そのためにどこを押しても痛がった。その彼も介護施設で働きだし、少しづつ健康を取り戻して行った。特に最近は、100キロ以上あった体重も85キロぐらいまで落ちたと言って喜んでいた。目も輝きをまし、頭も冴えてきたと感じられた。

その彼が言うには、以前は一日100粒以上飲んでいた薬を減らしたら、だいぶ健康になることができたそうだ。自分もまったく薬は飲まないが、必要以上の薬は、かえって健康によくないのかもしれない。今は、適度に薬を飲み、仕事をしながら、生き生きと暮らすことができるようになったようだ。

彼が健康になる切っ掛けになったのは、やはり介護施設で働き始めたことだろうか。初めは、体も重く大変そうだったが、施設の中でいろいろな人たちと接するうちに次第に精神の健康を取り戻して行ったのだろう。このことからもわかるように人生、だめでもいいからとりあえず動き出してみるという姿勢が非常に大切なことなのだと思う。

 

すべては振動している

音が伝わるのは、空気があるからだ。そのため真空に近い宇宙空間では、音は伝わらないと言う。私たちが生きていけるのも、空気があるからだ。しかし、普段の生活の中では、ほとんどその空間に意識を向けることはない。それは、まるで魚が、水の中を自由に泳ぎながら、水の存在をまったく意識できてないことに例えることができる。唯一その存在の有難さを意識するのは、そこから出てしまった時だけだろう。毎日、般若心経を唱えているとすべてが振動していることに気がつく。そして、その振動が自分の身体だけに留まらず周りの空気おも振動させている。地球上にいる人は、皆、この空気の層によって繋がっている。自分から発した波動は、この空気の層を通して世界中に広がっている。そう思うと毎日の読経もなんだか無限の広がりをもってきて気持がいい。

般若心経を読んでいて感じるのは、身体の中を振動する生命エネルギーの充実だ。それは身体の中心から湧き上がって、両手足の先まで満たしてゆく。この間も腰痛の患者さんが来たが、針を腰に打ち、針を通して気を送り、腰の痛みを足の方に誘導して痛みを取っていった。痛みというのは、負傷した筋肉に神経細胞が異常興奮して振動数が上がっている状態なので、そのエネルギーを足の方に移動すれば、熱が引き炎症が治まり、しだいに痛みも消えてゆく。気に対して敏感で気の流れ易い人ほど、効果が高いが、個人差があり、炎症の程度により治り方も変わってくる。

このように生命エネルギーの流れとして人体を捉える時、そこには喜びしか存在しない。観世音菩薩の意味は、この世の働きをエネルギーの振動として捉え、それを観ることによって菩薩の境地に至ることができるという意味なのだと思う。空とは何も存在しないという意味ではなく、あらゆる物のエネルギーの振動で満ち満ちている空間という意味なのだろう。そのように世の中を捉えることができれば、1%の人間がこの世のほとんどの富を独占するなどという愚かなことはなくなるし、無駄な規制で命を削ることもなくなり、すべての人が平等で明るく健康な生活を送ることができるようになるのではないかと思う。

 

般若心気功

般若心経を読んでいると身体の中心から気が湧き上がる。そして、身体中が元気で満ち溢れる。これは、最もシンプルで強力な気功だなと思う。誰でも習うことなく、すぐに実践できると言うことが、非常に大切なことだと思う。太極拳は、型を覚えるだけで3年ぐらいかかるが、それでは時間がかかりすぎる。また、若い頃は、千葉の館山の先生の所とか東京とか、果ては中国までと随分遠くまで太極拳を習いに行ったものだが、それでは遠すぎるし、働いているとなかなかそんな時間を取ることもできな人が多いのではないかと思う。

その点、般若心経は、ただ座って声をだして唱えるだけなので、誰にでもできるし、お金もかからないので、時間と労力の節約になる。一日、10分か20分、集中して唱えるだけでいい。唱え方も、最初は動画などを見て覚えても、最終的には、自分にあった方法で自分なりに唱えればいいのだと思う。要するに、この世の一切が「空」だということを実感として体感してゆくことに意義がある。

話しは違うが、この間、たまたま本屋で見た本にこんなことが書いてあった。

以下引用

あなたは、すでに覚醒している ただ それを知らないだけだ。

あなたは体ではないし、過去に体だったこともないし、この先も体であり続けることもない。

体はあなたのアイデンティティではない。それは長い夢だ。覚醒とは「夢から覚める」ということだ。

耳を傾け、塾考しなさい!あなたではないものを知りなさい!私が指差しているのはあなたの元々の場所、存在する前のあなたの状態だ。私は前について話している。スピリットが体にはまる前あなたの自発的な臨在が幻想の層で覆われる前について話している。

中略

あなたは生まれてない!何も起こらなかった。何も起こっていないし、何もこれからも起こらない。あなたの質問はすべて体に基づいたものだ。

あなたの誕生も死もない、あなたの臨在はあなたが存在する前からそこにあった。それはあなたが消滅した後もそこにあるだろう。それは体の所有者として今ここにある。

以下略

内容的に般若心経の中に語られていることが分かり易く解説してあるような本だった。そこで今日思わず買ってしまった。本の題名は、「自己なき自己」といい、ラマカント・マハラジという人が書いている。最近は、インド人の聖者の本はあまり買わなくなったが、なぜかこの本は買ってしまった。

「自己なき自己」と言ったり、「本来の自己」と言ったり、純粋意識と言ったりと呼び名はいろいろとあるが、具体的な豊富おで日々その本当の自分に目覚めてゆくことが、自分たちが一生の間に本当にやらなければならいことなのだと思う。

それは、気の対話

気功指圧は、生命エネルギーである気の交流を通して、

あなたの心と身体の不調を聴き取り、

身体の芯から温め、

癒しと喜びに満ちた

健康な心身を

もたらします。

ぜひ、一度体験してみてください。

ブログとHPを統一して一ヶ月、今月は、けっこうがんばって記事を更新してきました。皆様の蔭様でアクセス数も伸びました。いつも読んでいただきありがとうございます。今度は、チラシも作ってみようかと思い、こんなキャッチコピーを考えてみました。

 

冷房より除湿、ついでに水素の生産を

昨日来た患者さんと話しをしていたら、最近は、冷房に対して敏感になってしまって、長袖を着て仕事をしていると言っていた。まさに気功あるあるで、自分も気功を練習するようになってから、冷房に対して敏感になってしまって、映画館とか長い時間冷房の中にいる時は、いつも長袖を用意するようにしている。気功を練習したり気の治療を受けるようになると、体内の気の流れが活性化し、身体の外と内の気のやり取りも盛んになるので、毛穴が開きやすくなるので、外気の影響も受け易くなってしもうのだ。

こうした状態は、絶えず外気との呼吸を行い、冷えなどの毒素が身体に入れば、排毒しようとするので、自然に健康を維持するようになっている。逆に毛穴が硬く閉じて、外界との気の交流がない状態では、体内に毒素が溜まり易いと言えるだろう。したがって、冷房に対して敏感になるということは、身体にとっていいことなのだ。もし、病院なり会社なり大勢が集まる場所の全員が敏感になれば、冷房の温度を上げて、電気代を節約することもできるだろう。

今の段階では、冷房に力点が置かれているが、もっと除湿することに力点が移れば、冷房の温度をあげることもできるのではないかと思う。室内で除湿機をいれておくとたった2時間ぐらいで、上の写真のようにたくさんの水が溜まる。以前、テレビの番組で見たのだが、イスラエルの企業はこの現象を利用して、空気中から水を作る機械を作ってすでに売り出しているそうだ。さらにこの原理を利用して、水素まで作れるようになったら、わざわざ危険な中東から石油を輸入する必要もなくなるのではないだろうか。いずれにしても、健康な状態で暑い夏を乗り越えるには、もっと工夫が必要なように思う。

大腰筋の太さには個人差がある

たまたま日曜日の朝にテレビをつけたら、元気の時間とかいう番組で腸腰筋について放送していた。今まで大腰筋と腸骨筋を合わせた腸腰筋の重要性については、何度も書いてきた。特に大腰筋の重要性は、強調してきたが、今回、そのMRI画像が放送されていた。そこにでた男性の大腰筋と女性のそれとでは、太さがぜんぜんちがうことに驚いた。痩せていてあまり運動していない場合は、大腰筋も未発達でかなり細かった。これでは、腰痛になってもしかたないと思われた。

番組の中で、クロスシンドロームということを言っていた。身体の中の前後上下の筋肉がお互いに影響しあっているということらしい。その流れで腸腰筋の衰えが、背中や肩に影響し、肩こりや頭痛へと連動してゆくと言っていた。自分の考えでは、腹部の冷えにより、ガスが発生して、それが上昇することで胃や心臓を下から圧迫して、さらに背中の張り、肩こり、頭痛を引き起こすと考えている。しかし、こうした筋肉の影響も確かにないとは言えないと思う。

いずれにしてもこの腸腰筋は、非常に重要な筋肉なので、絶えずストレッチをして緩め、加齢によって弱ることの内容に運動する必要がありそうだ。

Heal The Worldが聞こえてきた

榛名の麓の施設の往診の帰り、赤城山を見ながら道を下ってくるとラジオからHeal The Worldが聞こえてきた。最近、やけにマイケル・ジャクソンの曲がラジオから流れてくるなと思っていたら、彼が亡くなってはや10年になるという。確か自分と同じような歳だったなと思って、ネットで調べたら、彼の方が1歳若かった。

もし彼のような心の持ち主が、アメリカの大統領になっていたら、きっと世界は、もっと住みやすい場所になっていただろう。しかし、現実は、自分の損得、金のことしか頭のない人間が大統領になっている。中国を責めるのは、まあ理解できるとしてもイランまで追い詰めるのはどうにも理解しがたい。もし、中東で戦争が起これば、日本も含めて世界中が大変なことになるだろう。マイケル・ジャクソンのような純真な心あるアメリカ人が、この危機を救うことを願うばかりだ。

自分は、世界を癒すことはできないが、毎日、目の前の患者さんに癒しのために気を送っている。今日行った施設の人たちも、知的障害があっても心と心が通じ合い、帰り際には「また、来てね。」と何人もの人から言われハイタッチをして帰ってくる。あまり「愛」とか言う言葉は言う気はしないが、お互いに気が通じ合い、笑顔がこぼれている。自分が流れるエネルギーとしての存在なら、いつでもいろいろな人たちと溶け合い、交流することができる。そんな風に世界中の人たちが、思うことができたら、この世から戦争がなくなり、すべての人が癒される時がくるのではないだろうか。

シルバーが シルバー見れば ゴールドだ

来年の東京オリンピックのチケットが売り出されたようで、世の中すっかりオリンピックづいているようだが、介護の現場で日夜がんばっている方々には、そんな話は関係ないのかもしれない。実は、とある老人施設に往診のマッサージに行っているのだが、ここの所保険制度が変わって厳しくなったせいか、半年も前に提出した同意書というものが差し戻されてきてしまっていた。

そこで施設を担当している医師に同意書を送って書き直してくださるように依頼してあったのだが、それがなかなか返送されずにやきもきしていた。先週行った時には、そこの看護師さんにもどうなっているのか先生に尋ねてくるように頼んでいたのだが、その返事も来ていなかった。いったいどうなっているのかとあらやこれやと考えてけっこう不愉快な日々を送っていた。

そして、一昨日は先生がその施設に往診する日だったので、朝、電話していったいどうなっているのかまた先生に尋ねてくるように施設の人に頼んでおいた。その日の夕方、100歳近いおばーちゃんのマッサージに伺うと、くだんの看護師さんがやってきて、「いや~ごめんなさい、先週言われたことすっかり忘れちゃって、先生に聞かなかったのよ。今日、先生に聞いたら、先生も忘れていたので、すぐに送るそうです。」と言われた。「な~んだただ単に忘れただけだったのか」と思い一安心した。

考えてみれば、その看護師さんも再就職でその施設に勤めているのだから、お孫さんもいる立派なシルバー人材だろうし、先生も70歳を越えているように思われる。自分もこの間、カラオケに行って、60過ぎたらシルバー料金ですかと聞いたら、そうだと言われて、うれしいような寂しいような気持になった。まあ、介護の現場もけっこうシルバー人材が支えているのだろう。そして、こうして頑張っている人こそ本当の意味で人生の金メダルに値するのではないだろうか。その時、ふと「シルバーが シルバー見れば ゴールドだ。」という言葉が浮かんできた。介護オリンピックの世界では、今も毎日、必死に老人や障害者の介護に頑張っている人がたくさんいると思うが、そうした人たちこそ金メダルをもらう価値があるのではないかと思う。