最新記事

般若心経読誦1万4千回を経過

新たに般若心経を唱え始めて、4000回を経過した。3月が花粉症で鼻がつまり、ほとんど読み進むことができなかったので、4月になってまた大きく伸ばすことができた。絶えず変化してやまないこの世を乗り切るためには、このが幻想であることを実感して、その底にある絶対的なエネルギーの流れと合流するしかない。そして、その命の流れがわかってくると次第に物事が上手くタイミングよく起こるようになってくる。この間に来た患者さんは、「まだ1000回ぐらいしか唱えていないですが、最近、やはりすべてがタイミングよく起こるようになって来ました。今日もそろそろ来ようかと思っていたら、先生からメールが来てびっくりしました。」と言っていた。この患者さんも、こちらの言うことを素直に聞いてくれて、毎日、般若心経を自分なりに唱えてくれている。他にもたくさんの人が唱えてくれていると思いますので、ぜひ、これからも生きている限り唱え続けましょう。

自分の身体のこと仕事のことと逆境にあることもありますが、すべての救いはこの世が一時的なもので、幻のようなものだということでしょうか。そのこと実感するために日々油断せずに般若心経を唱えるのです。般若心経を声を出して唱えているとその音の振動が体中に響き渡り、細胞一つ一つが共鳴するような感じで、非常に気持ちが良くなります。まさに喜びに身体も心も包まれるようになってくる。だからこそ、長く続けることができるのです。この喜びがわかってしまうと、わざわざ高いお金と時間を費やして、海外に旅行に行ったり、買い物をしたりすことが、馬鹿らしくなってきます。外にある喜びは、どんなに高価なものであっても、それが達成された瞬間に一瞬にして色あせて、その魅力を失ってしまう。だから、次の瞬間には、もう他の喜びを求めている。そして、その欲望には限りがない。目の前に人参をぶら下げられた馬のように一生欲望に駆られて走り回ることになってしまう。最後に残るのは、徒労とぼろぼろになった心と身体だけではないでしょうか。

その点、般若心経を唱えるには、どこか遠くへ行く必要もなく、今、こここの瞬間に即座にできることです。しかもその喜びは、決して失われることもなく、いつでも身体の内側から湧き上がってきます。こんなに素晴らしいことをやらないのは、もったいなさ過ぎる。限りある肉体の寿命を安易な儚い欲望のために浪費してしまうのは、知らなかったではすませない時間の浪費になってしまうかもしれない。誰しも死んでから後悔しても後の祭りなのだから、今、生あるうちに他の欲望は放って置いて、唱えた方がいいのではないでしょうか。

世の中に たえて花粉のなかりせば 春の心は のどけからまし

今年は、花粉症がでないのか思ったのだが、2週間前から出てしまった。そして、ここ数日は、夜中に鼻が詰まって目が覚めて、鍼を打ってもなかなか鼻が通らず4時過ぎまで眠ることができずに難儀した。夕べは、久しぶりに朝まで眠ることができた。鼻が詰まって口で息をしていると、口の中がからからに乾ききって痛いほどになる。まったくもって、「世の中に たえて花粉のなかりせば 春の心は のどけからまし」の心境だ。

この花粉症も桜の花が散る頃になるとだいたい収まってくるので、桜の花を愛でるよりも散るのが、毎年待ち遠しい。今週末、町内会の花見の手伝いがあるのだが、花粉症で悩む身にとってはいい加減にしてほしいという思いだ。最近は、班の人数も減って4年前にやったばかりなのに、また班長をやる羽目になってしまった。以前は10数年に一度ぐらいだったら、よかったがこう頻繁にあると無駄な行事は減らして欲しいものだと思う。町内会の姿も少子化で人口減少社会になるのだら、変わっていく必要があるだろう。

こうして毎年、たくさんの人がのどかな春を失って、花粉症で苦しみ涙を流すのも、それだけのことを人間が自然に対して行って来たことの報いなのだろう。人間が欲望によって自然を侵害した時には、その反応が自信の身に苦しみとなって跳ね返ってくることを自覚し大いに反省すべきなのだと思う。

 

 

願いが叶う生き方

夕べは、夜中の2時に目が覚めた。花粉症で鼻も詰まっていたので、頭に針をして鼻を通して、また横になって、テレビをつけた。そして、なんとなくチャンネルを変えるとなんと、今までずっと見たいと思っていたスピードスケート男子の新浜の試合を見ることができた。中学の頃に一時、スケート部に入っていたことがあるので、スピードスケートの大変さはよく知っている。結局、前傾ですべるので、腰の部分の背骨が飛び出るような感覚がでてきたので止めてしまった。それだけあの前傾姿勢は、身体に負担がかかり大変なのだ。

以前は、NHKがスピードスケートの試合をちゃんと放送してくれていたのだが、最近は、オリンピックの時以外ほとんど放送しなくなってしまった。スピードスケートは氷の上では、世界一早いというのになぜかマスコミ初め世間の反応冷たく関心がないようだ。マラソンでも最近は、先頭を走っているのは、黒人選手ばかりで日本人は、なかなか3位以内でさえ入れないにもかかわらず、その試合はよく放送されている。それなのに世界一の選手がいるスピードスケートの試合はなかなか放送されない。あの氷の上をハイスピードで走る姿は、本当に美しく素晴らしいと思うのだが、テレビ局は、もっとこの素晴らしさを認識して、ゴールデンタイムに放送してほしいものだと思う。

今年は、男子の新浜と言う選手が活躍して、世界記録を出したというニュースは新聞で読んで知っていた。そのまさに世界記録を出した試合を夜中の2時に偶然見ることができたのだ。それは、この所ずっと思っていた願いがかなった瞬間でもあった。般若心経を唱えるようになってから、心の中に想っていたことが、現実に叶うということが多くなってきた。この小さな肉体を越えた、大きな意識の中心と繋がることで、自分の想いも現実化することが多くなってきたのだろう。この世は、仮の世で末端の世界なので、本体の意識の中心と繋がれば、この末端の世界にも変化が訪れるということなのだろう。だからこそ、この世の見せ掛けの華やかさに囚われず、常に本質をつかむ努力をするということが大切なのだと思う。

 

気功指圧は、患者さんを温かなエネルギーで包み込む

先日、気功指圧を教えている時に、両手で温かく患者さんを包み込むイメージが湧いた。遠赤外線のストーブに囲まれているように温かなエネルギーで患者さんの身体の芯まで温め溶かして、新たな生命エネルギーが湧き上がってくるのが気功指圧だ。その時は、施術しているこちらもエネルギーでいっぱいになって、身体中から汗が吹き出るようだった。

よく気功を習う時に両手を向かい合わせてその中に気のボールを作ることがあると思う。(そうそうドラゴンボールという漫画の元気玉を出す時のように)そのポーズが基本で、その中に患者さんの身体を挟むように、相手の身体の状態に沿って流れるように両手の形を変えて施術してゆくのが気功指圧だ。

すべての動作は、一連の気の流れの中にあり、小川のせせらぎがやがて大海にそそぐように命の大海へと患者さんの命を導いてゆく。終わった時には、焼きたての焼き芋のようにホクホクとして気持ちがいい。そして、目が明るくなってパーと視界が開けてくる。中には岩のように硬い身体もあるが、回数を重ねるごとにしだいしだいにほぐされてゆく。気の感受性は、人様々だが、中には「今、左足に熱湯が流れました。」とその感覚を表現する人もいる。

普段、我々は物質としての身体のみを意識して生きているが、本当の所は、神経の中を電気信号が流れ、電気が流れれば磁場ができるように電磁場としての身体もちゃんとある。失業や戦争、テロ、AIによる支配と管理など絶望と混乱に落ちいろうとしている人類に、生命エネルギーの流れとして自分を意識して生きることで、新しい未来がやってくる可能性が見えてくるのではないだろうか。

PR BLOCKに写真を載せました。

PR BLOCKとは、スライドの写真の下の三つの紹介の欄です。今まではアイコンがあったのですが、そこに写真を挿入することができるとわかったので、さっそく写真を載せることにしました。

この蓮の華は、渋川の総合公園の池に咲いていたものです。今までは、毎年夏になると蓮の華を写真に撮りによく行ったものでした。ところが、最近、その蓮池の蓮をすべてかたずけてしまったので、蓮の華も見ることができなくなってしまいました。その池の前の道の両側にあった桜の木も何十本も切ってしまいました。そこは、ちょうど桜の花のアーチができるほどに育ってきれいだったのですが、いったい誰の許可を得て切ってしまったのか。市のやることには、怒りを覚えるばかりです。本当の公園の良さを誰も何もわかっていないように感じます。

この写真は、一昨年の夏の前橋の花火の写真です。子供が通っている作業所の屋上から撮ったものです。まだ、親父が生きている時のもので、家族が心配するなか見事に杖を突きながらも階段を上って3階の屋上に行って前橋の花火大会を楽しみました。ちょうどその一月後ぐらいに他界しましたが、いい思い出になったのではないかと思います。高校の同級生がやっているその作業所は、とても良心的で面倒見がいいので助かっています。なによりも問題を起こして呼び出されることが、ほとんどなくなってほっとしています。ありがたいことです。

最後は、気功教室で皆で気功を練習している時の写真です。今は、ちょっと人数が減ってしまいましたが、和気あいあいと楽しく練功しています。皆さん、十年来の長いおつきあいとなりましたが、長く続けるほど体にも心にいいものです。ぜひ、興味のある方は、ご参加ください。

薬師堂の四季、スライドの写真を変えました。

渋川は、日本の臍と言われている。その臍を中心に移ろい行く四季をスライドで表現していました。しかし、なぜかFirefoxというブラウザでは、うまく画像がでなかったので、インターネットでいろいろ調べ四苦八苦しながら、なんとか新しい写真を入れてアップすることができたました。

この写真は、行幸田団地の上の蕎麦畑から、正月に初日の出を撮ったものです。その場所は、眺めがよく前橋の辺まで関東平野が一望できるので、よく休憩による場所です。たまたま思い立って正月、初日の出を見に行ったら、普段見かけないほどたくさんの人たちが鈴なりになって、初日の出を拝んでいたので、驚きました。やはり、いい場所は、皆さんご存知のようです。

次にこの写真は、渋川の板東橋緑地公園から撮った桜の写真です。後ろに映っているのは赤城山です。右手が城山荘です。桜の季節は、一度は訪れる公園です。公園では、お年寄りたちがグランドゴルフに興じています。

そして、これは、渋川の総合公園から撮った写真です。ここからの眺めは、素晴らしく、この場所があるから、渋川に帰ってきたようなものです。去年、なぜかグランドを工事してきれにしてしまったために、今では、グランドに降りて自由に走ったり、太極拳をしたりすることができなくなってしまいました。渋川市民としては、なんのため誰のための工事なのか、疑問に感じるところです。

この写真は、同じく総合公園の紅葉です。ここは成人の森と言って、渋川の成人式に植林されてできた森です。今になってみると、ただ振袖を着てつまらない話を聞く成人式よりもよっぽどよかったなと思います。この森も新緑や紅葉のシーズンには、よく訪れて、瞑想したり散策して楽しみます。

最後は、2014年に大雪が降った時の写真です。この時は、いつもの冬ならそれほど雪の降らない渋川に、1メートル近い雪が降って、困りました。車を車庫から、道まで出すのに一日がかりで雪かきをしなければなりませんでした。雪国の人たちの苦労が、ほんのちょっとわかった気がしました。

 

以上が、新しく掲載した、。渋川の四季の写真です。皆さんに楽しんでいただけると幸いです。この素晴らしい自然に囲まれた薬師堂気功指圧センターにいつでも、癒しを求めていらしてください。

眉間から光を出す

誰しもそうだと思うが、うつや落ち込んでいる時は、顔つきも暗くなんとなく俯きかげんになる。先週来た患者さんは、まさにそんな状況だった。また、仕事で問題があったのだという。そういえば、スバルでも問題があったと報道された。今度は、上司のパワハラで数年前に会社の屋上から飛び降りて自殺をした社員の労災が、認められたのだという。会社や社会からの圧迫というものは、いつでも起こりうる。その患者さんが、言っていたが、飛行機が急降下して操縦桿が下に押し下げられる感覚で、必死になって引き上げようとするが、どうにも引き上げることができない状態に似ていると言う。

その患者さんに気功指圧で気を入れていくと、だんだん内臓も動き出し、しだいに表情も晴れて行った。特に左足の内腿の胃の流れの筋を指圧している時、グルと音を立てるように胃が動きだした。そして、そのとたん、すっきりと胸のつかえが消えて、明るい表情となり生き返った感じがした。その時、眉間から光が出始めたように明るくなった。本人も目の前が明るくなった様ですといって喜んだ。

そして、今週もいつものように来てくれたのだが、治療室に入って来た時から、眉間の辺りが明るく輝いていた。聞けば、今週は調子がよくてあっという間にすぎてしまったのだと言う。この患者さんを見て、改めて思ったのだが、「人間の意識の光というものは、実際にある。」ということだ。その光が曇ってしまった時に、人は絶望して死にたくなる。この単純な事実を多くの人が知っていたら、もしかしたら、うつやパニック障害で苦しむ人はもっと減るのではないかと思う。飛び降りしたスバルの社員の人も、この世の一切が空であり、しかも、自分の頭の中から光が輝き放ているということに気づけば、こうした不幸は起きなかったのではないかと思う。

 

生産性、低くてけっこう!指圧で最高!

最近、日本の生産性が先進国で一番低いとかなんとか言われているようだが、そんな風に人を生産性という言葉で見るのは、悲しいことだ。あまりに直線的な見方だし、人間ってのもっと曲がりくねった深みのアル存在だ。そう松の木のように。すべての人間が、製材された材木のまっすぐになってつやつやになったら、なんの味わいも面白みも生きる意味もないだろう。材木のような人間を作って喜んでいるのは、それを利用して儲けようとしている人間だけだろう。

先日も暗い顔して俯き加減で治療室に入って来た患者さんが、帰りには、眉間から光をだして笑いながら帰って行った。数字のお化けに脅されて、背かなに重い重石を背負っていても、気功指圧で温かなエネルギーが入れば、重かった胃の中の石も溶けてどかへと飛んでいってしまう。「昔やってい無線をまたやろうかと迷っていた」ということなので、「ぜひやってください。」と言うと「また先生に背中を押されちゃいましたね」と言ったので、「指圧師ですから、押すのが仕事ですから」と言って、二人で大笑いした。あんまり笑ったので、目から涙がこぼれた。心がほぐれる治療というのは、自分にとっても患者さんにとっても、お互いにとっていいものだ。この笑いが世界中に広がれば、世界中が幸せになるのになと思う。

なんでもAmazonの創業者が、離婚するのだそうで、その資産が18兆円もあるのだそうだ。確か、Amazonは、大して税金も日本に払っていなかったような気がする。自分自身、アマゾンからEBOOKを出しているが、かってに読み放題とかをやられてしまって、ほとんど収入がなくなってしまっている。個人が18兆円も儲けるのは、間違っている、それはちゃんと働いている人や作者に報酬を払っていないということだ。効率化や省力化で削られた働く人の命が、一部の人間に収奪されていくのなら、それを押し付けているのは、数字の悪魔とも言えるものだろう。昨日、「めんたいぴりり」という映画を観てきたが、小さな商店があって、街に人情があって元気があったあの頃の方が、今よりも人間的によっぽど豊かで楽しかったように思う。

実は、いつも行くお米屋さんがあるのですが、そこの奥さんは、行くと必ずお茶を入れてくれて、しばらく世間話をして帰ってくる。

そのお店は、ムーミンとかかわいい置物で色どられていて、一つのメルヘンの世界になっている。しかも、その置物たちが季節に合わせてバージョンアップしていて、来る人の心を和ませてくれている。こうしたお店が、まだ今の世にあるということは、実にありがたいことで、いつもお米や三年番茶を買いに行くのを楽しみしている。

 

捨てる缶あれば、拾う人あり。

今年は、お正月から、子供と道端に捨てられた空き缶を拾って集めた。小野上温泉に向かう道端に落ちていた缶を拾って行った。特に林の中を走る道路の両脇で捨てられた缶を多く拾った。人が住んでいないと道路愛護で近所の人たちが、拾うことができないので、うち捨てられたままになっているのだろう。

環境美化→缶響美化→感興美家、こんな言葉が浮かんだ。以前、フェリーで沖縄に行った時に、船の上から飲み終わった缶を海に向かって投げ捨てる人を見たことがあったが、そういう人間は、狭いちっぽけな自己という世界で生きているだけなのだろう。車の外に平気でゴミを投げ捨てうる人間は、小さな自分というエゴの枠の中で生きているので、その肉体以外はすべて外の世界になって、ゴミを投げ捨てても自分とは関係ないと思っているのだろう。

もし、自分というのは、エネルギーの流れであって、この自然、地球、宇宙までも自分の延長線上にあると感じることができれば、外の世界がなくなるので、ゴミを自分のうちに捨てることはできないので、こうした愚かな行為もなくなるのだろう。平気でゴミを車の窓から投げ捨てる人は、その小さな自分という枠を壊して、もっと外の世界へ開放し、自然と一体になった生き方を探した方が、幸せな気分になることができるだろう。

都会の生活や仕事や社会に対する鬱憤を窓の外に缶と共に捨てるのではなく、田舎に来たら、その豊かな自然や人々の暮らしを敬い、逆に缶を拾ったりして、缶取りライフを楽しんで欲しいものだ。

般若心経10万回を目指す。

般若心経10万回を目指して、唱えようか思い立った。それには、普段、寝ながら唱えているものを数値化しなければと思い、青いカウンターを買ってみた。半分寝た状態なので、カウンターを押しながら唱えるというのはちょっと無理でも、起き上がった時にだいたいの数をカウントするしかない。

声を出さずに心の中で唱えた分も数に入れれば、今までとは違って飛躍的に数が伸びる。そうすれば、10万回も夢ではない。ただ、何かを集中して作業している時には、唱えうることはできない。同じ動作でも思考の伴わない、単調な動きの時は、唱えることででいそうだ。夕べは、寝ながら唱えた数は、32回に達していた。一日中唱え続けたら、いったい何回ぐらいになるのかというの興味深い。

この間、喫茶店で会った人が、数はそれほど重要ではなく、バックグランドでいつも般若心経が響いているようになることが、理想だ。」と言っていたが、確かに一日中意識して唱えていれば、絶えず心のどこかで、般若心経が響くようになるのではないかと思う。その人は、数は重要ではないと言ったが、「修行の見える化」には、「般若心経10万回」のように数値目標をつくるのも一つの手立てではないかと思う。こうすることによって、修行を客観化して、努力しやすすることができる。そして、具体的な数値目標がある方が分かりやすく、そこに向かって前進しやすいのだから。