腰痛、左の臀部の痛み

30代前半の女性が、左のでん部の辺りが痛いと言って治療に来た。とりあえず、気功指圧をしながらいろいろと聞いていくと、急にぎっくり腰のように痛くなったのではなく、だんだんと痛みが出てきて一週間ぐらい前に動けないほどになったと言う。今は、歩けるようになったが、指圧をしていて足を動かそうとするとまだ痛がった。

そこで針を使った方が早く治りますよと言って、聞いてみるとその方がいいということで痛い方の左を上にして横を向いてもらった。横向きになってもらって、腰の筋肉をさわってみると全体に硬くなっていた。そこで、腰椎の一番辺りから、背骨の際から針をうち右手で気入れながら左の臀部に向かって流していった。腰に針をうっても、坐骨神経の出口付近にある臀部の環跳のツボにみな響くと言った。そこが詰まっているので、反応がそこへ集まていたのだろう。そのまましだいに外側のラインへと移り治療していくと腰の筋肉の真横の部分もかなり痛がったので、同じように針を打った。

次に一番の痛みの元である臀部の環跳のツボに針を打って、足のくるぶしの外側にある崑崙のツボに向かって気を流した。最後に崑崙に針を打って、さらに足の方に痛みの気を誘導して抜いて治療を終わった。そして、ベッドに座ってから立ち上がって、歩いてもらうと来た時よりは、だいぶ楽になったと言って、喜んで帰っていった。ここの所、急に真夏なったり、あるいは涼しくなったりと気候の変化が激しいので、冷えがお腹に入り腰の筋肉が硬くなって腰痛が起きのかもしれない。

若くても腰が痛くなることはあるので、そうした時は、遠慮なく治療に来ていただければと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)