最新記事

賢者は、己の無知未熟さを知り、愚者はそれを知らない。

先日治療していると、若いうちは職場で言いたいことを言っていたが、最近は、年下の上司に対して言いたいことはあるのだが、言っても先が見えるのであえて言わなくなったという話を聞いた。それが少しづつたまってストレスになっているのかもしれないと。あえて言わないのは、年をとりいろいろな経験を積むことで、世の中にはいろいろな人がいていろいろな立場があるということを理解できるようになってきたからとも言えるだろう。それがわからずに未熟なことを言ってしまうのが、若さの特権でもあるのだろうが。

自分の経験も知識も少ないということがわかれば、それは大人になったという証だが、その認識もなくいつまでも狭量な考えを押しつけてくる者がいれば、それは周りにストレスを与えることになる。特にそれが職場の上司で、毎日、顔を付き合わせなければならなければ、毎日が憂鬱で会社に行くのが億劫になり、精神的にまいって病気になってもおかしくない。だから、いつまでたっても、職場でのうつやパニック、自殺というものが絶えないのだろう。

傷つけられた心には悲しみが溜まっている

誰も見ることのない涙の海が心の中に広がっている

一時的に怒ってみてもその悲しみがなくなることはなく

無防備な心に突き刺さった刃がいつまでも心を痛みつけ涙の海は消えることはない

なんだかコブクロの歌の歌詞みたいになってしまったが、結局、我々は日々傷つけられながら、なんとかそれを修復して毎日働いているのだろう。しかし、そうした心の傷が身体や精神に現れしだいに病んでいく。では、どうすればこの傷を癒やすことができるのだろうか。心に中に光りのエネルギーがわき上がる時、心の傷は癒え涙の海は昇華されて消えてゆく。そのために意識の焦点をハートと脳の中心に合わせて、泉のごとく生命エネルギーがわき上がるのを待つのだ。雑念が消え無心になるにつれて、心の中の光とエネルギーがますます強くなり、喜びへと変わってゆく。

その患者さんが、「生きてるってことは、いつまでたっても大変で耐えがたいものなんですかね。」と言った時に、ラマカント・マハラジの言葉を思い出し、ぜひ紹介しようと思った。それは、「幸福と平安は体のためのものだ。なぜなら、身体形態として存在することは耐えがたいからだ。」という言葉だ。この言葉だけでも知っていれば、浅はかな知識の押しつけで人を傷つける人もいなくなるのだろうが。

 

鍼と禅

ラナカント・マハラジの「自己なき自己」を読み終えて、鍼の師匠である横田観風先生の「鍼と禅」という本を読み始めた。難しいそうな本に見えるが、わかりやすく鍼灸などのことを解説してくれた読み易い本である。自分の身体の病的状態からの回復の様子から、病の原因、治療法を解き明かしてくれているので、とても分かり易い本です。ぜひ、興味のかる方は、ご一読ください。

最近は、気功もそうだが、レキキとかヒーリングとか安易に人を治療する人がいるが、それは実はなかなか危険なことだ。そのことが、先生の本の中に書いてあるので、ここで少し引用してみたいと思います。

以下引用

「毒」は人体生命にとって不都合な実態として感じられましたが、「邪気」はどうでしょうか。先ほど述べたのですが、開業したばかりの頃、患者さんを2,3人治療すると寝込んでしまったのですが、これにはまだ治療が未熟で長い時間がかかって疲れたこともあったでしょうが、実は患者さんの「邪気」を浴びて私の体調が崩れてしまったことも原因の一つだったのです。
 体調が虚弱な人は、大抵の場合、気に敏感になります。人体生命を守り、維持するための体内エネルギーが充実していないためなのか、あるいは外界の変化から身を守るためなに敏感に反応するからなのか分かりませんが、とにかく敏感です。

例えば患者さんの中には、南方海上に台風が発生しただけで喘息発作が起こる人もいますし、低気圧が近づく前に必ずどこかが痛くなったり、体調が崩れて天気予報ができる人もいます。
 また映画館や電車の中などで隣に座った人と接近しているだけで、どこかが痛くなってしまう人もいます。たぶん私の場合も、患者さんの「邪気」を受け手具合が悪くなったと思われます。

とくに癌や難病などの患者さんの場合、体内から「邪気」が強く感じられる日と、あまり感じられない日があります。それは体内の「毒」が活性化して毒性が増大している場合に、体外より強い邪気を放射することによるのです。
 家族にこのような重篤な病を抱えた人がおられる場合、身内の人が少しでも楽になってもらおうと患部に手当をしてあげると、今度は強い「邪気」を受けてその人が重病になられた例が多いのです。注意が必要です。

 また私が外部の研究会に招かれて講師や研修指導をした後、参加者から「患者さんに針治療をすると邪気を受けて具合が悪くなり、治療をするのが恐くなるのですが、どうしたらよいでしょうか」と質問を受けることが多いのです。
 私も若い頃に同じことで苦しんだ経験があるのですが、私の場合は「たとえ邪気を受けてどれほど具合が悪くなっても、患者さんが楽になってゆくならよいではないか。たとえそれで死ぬことがあっても本望だ」と覚悟を決めたというか、肚を据えたら「邪気」を受けてもビクビクしなくなり、影響を受けてもすぐに消えてしまうようになったから不思議でした。

以上引用終わり

鍼でも指圧でも気功でもヒーリングでも、こうした治療をする人は、必ず邪気を受ける。だから、それに対抗できる方法を学び日々実践することが大切だ。そして、なんと言っても一番大切なのは、横田観風先生が言っているように覚悟を決めるということだろう。覚悟のないまま人の体に触れては大変なことになるので、気功教室でもあまり人に気入れたりすることは教えていない。まずは、自分自身がすべての苦悩や悲しみから解放されて、自由と喜びを味わうことが大切だと思うからだ。そして、最近は、般若心経を皆で唱えることを勧めているのは、この地域、国、地球という全体の気場を上げてゆき、人も自然も社会も浄化されて自然で楽しい暮らしができることを願ってのことだ。

 

頭痛、普通に般若心経を唱えることができるありがたさ

昨日の朝方、頭痛がして目が覚めた。とりあえず頭と腹に針をうち、頭痛が収まるのを待って寝たのだが、結局、一日中体がだるかった。幸い昨日は、患者さんも少なかったが、いつもの患者さんが夕方来たので、だるいながらも治療をした。しかし、不思議と治療をすると自分自身もいくらか元気になる、そこで患者さんを家まで送り、幼なじみのとんかつ屋でヒレカツを二枚買って、実家に持って行き、家族に食べさせて、自分はあまり食べずに家に帰った。そして、再び針をうって自家治療を始めた。

特に腹部への針をみぞおちから右回りに何度も何度も繰り返した。針を打つと胃腸が動きゲップなどのガスが出て、しだいに体が楽になってゆく。多少、汗ばんだが、いつもほどでもない。冷えが体に入ったといっても、それほど強い冷えではなかったので、反応もそれほどでもなかった。そして、しばらくすると眠りに落ちた。

その後夜中の3時ぐらいに目が覚めると、すっかり頭痛が消えていた。そして、免疫機能が働くせいか逆に気持ちよかった。そして、今度は目を閉じながら、般若心経を唱えた。さすがに頭痛の時は、それを唱えることは無理だが、それも収まってこうして寝ながら寝ていると実に気持ちよかった。改めて般若心経を唱えることのできる喜びを実感した。普段は、なにげなくこなせる行為も、具合が悪くなるとありがたいことだということがよくわかるものだ。これからも縁のある人たちとともに百万回目指して唱え続けていきたいものです。どうぞよろしくお願いいたします。一人で百万回よりも百万人で一回を目指して!

般若心経一万回達成そして新たなスタート

般若心経の唱えた回数を治療室のホワイトボードに書いてある。そして、それがちょうどいっぱいになっって一万回が達成されて合計で2万回になった。今度は、3万回を目指して唱えて行くが、単に回数を増やすのが目的ではなく、あくまでも唱えながら般若波羅蜜多の意識の状態になるのが目的なので、特別な感動もなく、すでに新たに百回唱え終わった。それでも最後の方になると気合いが入って、一日一時間半は唱え続けた。

唱える時間が長くなるとそれだけ意識が半覚醒状態となり、深い意識の中へと入ってゆける。だから、数の目標を持つことも悪いことではない。次回、3万回に達する頃は、どんな意識の状態に入っていけるのか楽しみだ。

そして、時を同じくしてラマカント・マハラジの「自己なき自己」も読み終わってしまった。この本は、ちょうど般若心経の意味を解説してくれているような内容だったので、出会ったタイミングがよかった。がしかし、ラマカント・マハラジ自体は、一昨年亡くなってしまっているのを後書きを読んで知った。生きていれば、一度会ってみたいと思ったのだが、残念だ。

最後に彼の言葉を引用しておこう。

以下引用

私はあなたに自分の究極的な実在、最終的な真実を見せた。今、あなたは自分の真のアイデンティティを知っている。

修行と帰依を続けなさい。真我知識を完璧なものにすることが帰依であることを思い出しなさい。

さあ、行きなさい。マインド、エゴ、知性は置いて行きなさい。

吸収し続けなさい。穏やかで、幸せでありなさい。

次の一節は、すべての教えの骨子が含まれている、これを心にとめておきなさい。

あなたの「自己なき自己」以外に神はなく、ブラフマンもなく、アートマンもなく、パラマートマンもなく、マスターもない。

以下引用終わり

中学生の頃だったろうか。夜中にベッドの上で寝ていると頭の中でお経が聞こえてきたことがあった。そのお経がどんなお経だったのか、その頃はまだお経についての知識がなかったのでわからなかったが、もしかしたら般若心経だったのかもしれない。それ以来、坊さんにはならなかったが、自分なりずっと道を求めてきた。その基底に響いている言葉が、「己を以て主とす 他に何ぞ主あらんや」という言葉だ。この言葉の意味は、マハラジが言うように「あなたの「自己なき自己」以外に神はなく、ブラフマンもなく、アートマンもなく、パラマートマンもなく、マスターもない。」という意味なんだと思う。その臨在(仏教ではそれを仏と言うのだと思う)に出会い、同化して、溶解してゆくことが、これからの目的となる。般若心経を唱え続けることで、こうした本とも出会い、より目標がはっきりとしてくる。きっと悟りの方から近づいて来てくれているのに違いない。これからも皆さんと共に百万回目指して唱え続けて行きたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

カゴの鳥から自由な鳥へ!

子供の頃から鳥が好きで、今もボタンインコを飼っている。名前はぴーで、カゴの生活が気に入っているのか、もう8年も一緒に暮らしている。鳥との別れは、あっけないもので、ある朝カゴを見たら、ぽとりと冷たくなって下に落ちているか。放鳥している時に窓から、飛び去ってしまってそれきりかの二通りしかない。だから、いつ飛び立ってもいいように心の準備だけはしている。自分の肉体に執着しなのと同じように彼らの肉体にも執着しないのが、鉄則だ。彼らには、自由に飛び回る翼があるのだから。人間も鳥のように生きて死ぬことができれば、きっともっと世の中は明るく軽くなるのではないだろうか。ちなみに自分の飼っているボタンインコは、ブルーボタンという。つまり、幸せの青い鳥だ。

鳥の話をしたのも実は、ラマカント・マハラジの「自己なき自己」の中に鳥のことがでてきたからだ。とてもためになる話なので、また、引用してみよう!

以下引用

マハラジ:(前略)幸福と平安は体のためのものだ。なぜなら、身体形態として存在することは耐えがたいからだ。

身体形態はあなたの究極的な真実ではないと確信した途端、どんな「良くない」ことが体に起きても、距離をもってそれを見つめることができるようになる。それはあなたではなく、隣人の子供に起きたことのように感じられる。そのように感じられるのは、この体は物質的なものだからだ。そして、それはあなたではなく、隣人の子供に起きたのだから、あなたは巻き込まれない。

超然としていることは、覚醒したサインの一つだ。

質問者:そこに至る前の段階では、体はとても重要なものであり、私たちはそれを所有しているという強い感覚があるのですよね?

マハラジ:そうだ!しかし、所有しているわけではない。あなたは体の所有者ではない。所有者は五大元素で、あなたは賃貸契約を結んでいる。つまり、体の力を借りているにすぎず、あなたは水を借り、食べ物を借りている。2,3年ごとに契約を更新していくが、いつか出て行かなければならない!

質問者:家から叩き出されます!

マハラジ:これは家ではなく、檻だ。あなたは檻の中にいて、ニンジンをかじっている。それは黄金の檻かもしれないし、銀の檻、真鍮の檻かもしれないし、いろいろな檻がある。金持ちは金の檻を作り、貧乏人は鉄の檻を得る。

質問者:でも、すべて檻にすぎません。

マハラジ:賢者は檻の中にいる。それは「賢者の檻」だ。確信を得た瞬間、あなたはその檻を打ち破る。私はあなたに勇気を与えようとしているのだよ。

あなたはここを去らねばならない!檻を開けよ!檻を広く開けよ!あなたは自由な鳥だ!

以上引用終わり

そういえば、ブラザーサンシスタームーンという映画の中で、覚醒した若き日の聖フランチェスコが、屋根の上を歩き雀の雛を追うシーンがある。まさにそのシーンは、彼が中世のヨーロッパの重い檻の中から、解放されたことを象徴しているのだろう。ここでいう檻は思考の枷(かせ)で結局自分で作って自分で縛られいる。その枷で自分だけ縛られているのならまだしも、結局、権力、財力を持ったものが、自分のかってな思い込みを人々に押しつけてくるので問題が生じる。その最悪のケースが戦争で、気づかぬうちに前線で弾よけになって進軍させれるということが,今も昔も何度も起きているのではないだろうか。真理とは真逆で倒錯したこの世界で生きていくのは大変だ、そのことを、マハラジは「なぜなら、身体形態として存在することは耐えがたいからだ」と言っている。しかし、自分が肉体ではないと確信したとたんその束縛から解放されて、鳥のように自由に大空飛べるようになる。だから、ブルーボタンを飼うのを止められない。いつかこの青い鳥とともに大空へと帰って行きたいものだ。

二日目日の出

昨日は、あまりいい初日の出の写真が撮れなかったので、行幸田のそば畑に今朝は写真を撮りに行ってきた。たぶん、昨日ならば大勢の人が初日の出を拝むために来ていただろうが、今日は、自分以外は誰もいなかった。

しかし、今朝も空気が澄んでいて絶好の写真日よりだった。

着いてしばらくすると太陽が昇ってきた。

太陽が昇ってみると一面薄く白い霜が降りていた。

今年一年、皆様にとって良い年となりますように!

 

2020明けましておめでとうございます!

また新しい年が、始まりました。先月は、アクセス数が2000を突破しました。これもひとえにこのブログを愛読してくださる皆様のおかげです。ありがとうございます。今年も般若心経を読み進めるとともに身近な事柄から、人生の本質に至るまでを書いていきたいと思います。

ラマカント・マハラジの「自己なき自己」は、だいぶ厚い本ですが、しだいに残りわずかとなってきました。シンプルでわかりやすくしかも深い内容の本で、しかもある意味、般若心経の内容を解説してくれていると思いながら読んでいます。そして、どうしても皆さんに紹介したいと思う文章に出会うとブログに引用させてもらっています。

人生に行き詰まって心が苦しいと感じた時に般若心経を唱えると心がふっと楽になる。人は、苦しみがあるからこそ真理を求めるのかもしれません。そんな人たちが、このブログに来ることで、心が少しでも楽になるように、これからも記事を書いていきたいと思いますので、今年も一年よろしくお願いいたします。

スターウォーズ スカイウォーカーの夜明けを観て

先日イオンにスターウォーズ スカイウォーカーの夜明けを見に行ってきた。普段あまり洋画は見たがらない息子がなぜか好きなので、毎回楽しみにして見に行っている。宇宙空間を舞台にした壮大なスペクタルで描く、作品なので息子も食い入るように見ていて真剣だった。物語の大筋は、善と悪の対立で、一時善が負けそうになるが、最終的には善が勝利して自由と平和を勝ち取るという内容だ。自分的には、宇宙空間に行っても戦争するイメージしか持てないのかと思い、あまり熱心に観てこなかったが、すでに40年以上の歴史があり、今回の作品は、スカイウォーカーの物語りの完結編だそうで、ファンにとっては、待ちに待った作品だったのだろう。

スカイウォーカー家の人々は、フォースに対する感受性が強く修行によってその力を身につけるという設定のようだ。ファースというのは、要するに「気」のことのように思える。修行によって、気の力を身につけるとするわかりやすい。まあ、しかし、戦うことが人間の本能なのかもしれないが、気や瞑想の修行をしたなら、その幻想の世界から遊離するなど、もうちょっと違う世界が描けないものかと思う。

人類が、いつまでも宇宙で戦うイメージしか持てなかったとしたら、本当の宇宙の住人からは、拒絶されてしまうのではないだろうか。人や他の国、惑星を支配しコントロールする必要などないとわかれば、宇宙空間までいって戦争する映画もなくなるだろう。

知識や興味よりも純粋な信頼が大切だ。

今年も残りわずかとなってきました。そして、今年の最後に思うののは、知識や興味よりも純粋な信頼が大切だということです。気功教室や気功指圧に長く通ってくれている患者さんとは、やはりこの純粋な信頼関係があります。気功教室の場合、知識や興味で来た人は、すぐにかあるいはやがては来なくなってしまう。治療に来る患者さんも信頼して定期的に通ってくれる患者さんの方が、確実によくなっていてるし、いろいろな所に行く人はなかなか治らない場合が多いように思います。

そのことについて、マラカント・マハラジはこのように述べています。

以下引用

質問者:ゴールの一歩手前から振り出しに戻るのですね。

マハラジ:(笑いながら)一回「戻る」のコマに止まれば、あなたは後戻りしなけらばならない。疑いが一つでもあれば十分だ。あなたは牛乳(知識)をたくさん持っているが、ひとつまみの塩を加えただけで、味は台なしなる。たった一つまみの小さな疑いから、問題が生じる。あなたは自分自身を確信させなければならない。あなたが建築家であり、マスターなのだから。それは自己を明け渡すこと(アートマ・ニヴェダナム・バクティ)だ。あなたはすべてを明け渡さなければならない。完全に明け渡せば、何も残らない。「あなた」はないし、「私」もない。あなたは自分自身の足で立たなければならない。理論と実践は常に異なるものだ。

前に言ったように、ニサルガダッタ・マハラジやシッダラメシュヴァール・マハラジのような聖者はすべて、ほとんど教育を受けていなかった。しかし、彼らにはシンプルで深い帰依があり、それだけで十分だった。

シンプルな帰依で十分なのだ。ニサルガダッタ・マハラジはよく言っていた。「シンプルな帰依者はすぐに完璧になることがあるが、知的な経歴を持つ帰依者は常に知的、論理的に考え、比較をし、「これはなぜだ?あれはなぜ?なぜ?なぜ?なぜ?」と尋ねる」

質問者:頭がいい人というのは、とても有能で、マインドなどを用い、脳を常にはたかせている人というイメージですね。

マハラジ:完全な謙虚さがとても重要だ。完全な明け渡し、外側の力が常にあなたの気を引こうとするだろう?(中略)ここでは私たちは直接的な知識を与える。とても直接的な知識だ。しかしそれでも、ここに来た後もまだ旅をし続ける人たちがいる。彼らはスピリチュアルな旅行者だ。やって来ては去り、やって来ては去る。

以上引用終わり

思考というのは、一種の脳の癖なので、思考癖のついた人が思考を止めるというのは、とても難しい。以前、ある会に瞑想を学びきてきた人がいた。その人は、思考を止めることが大切だということは知っていたが、思考癖がついていたので、思考を止めることを思考していて、いつもとんちんかんな質問をして先生にたしなめられていた。結局、その人は、違う先生の所へ行ってしまったが、彼は未だにスピリチュアルな旅行者でいるのかもしれない。本当はここに語られているようにシンプルな帰依者になるのが一番だ。しかし、なかなか一度でラマカント・マハラジのように最終的なグルに出会うことはできない。したがって、自分のレベルが向上するにしたがって、次のグルの元へ行くのもしかたないと思うのだが、自分の場合は、先生と決めたら最低でも10年は師事してきた。そして、最終的には、自分の中にいるマスターに出会うことがゴールとわかっているので、今では日々そのために般若心経を唱えている。また、気功の生徒さんや患者さんで、シンプルに信じてついてきてくれる人がいることに感謝していている。

 

マインドフルネス、生産性の向上って?

最近、本屋さんに行くとマインドフルネスという題名のついた本を良く見かける。GoogleなどのアメリカのIT企業が、生産性の向上のために瞑想を導入したということが話題になり、日本でも売れると判断して出版しているのだろう。しかし、考えてみれば、瞑想はアジアが本場で、日本にも禅という瞑想法の長い歴史がある。今更、マインドフルネスなだという言葉でありがたかがって、高いお金を払って導入している企業があるとしたら、それは灯台元暗しで、瞑想がしたければ、近くの禅寺もあるし、いろいろなアジアからのお寺やヨガ、気功のセンターもあるのあるのだから、そちらに行けばそれで済む。それに般若心経を唱えれば、家でも外でもどこにいても、意識を瞑想状態に導くこともできる。だから、最近、流行のマインドフルネスという言葉には、違和感を覚える。

ただ、世の中の関心を瞑想に向けることができたとすれば、それはそれで一つの成果なのかもしれない。

ところで、「自己なき自己」でラマカント・マハラジは、こんなことを述べています。この本は、マインドフルネスよりも遥かに心を豊かにしてくれると思いますので、お勧めです。

マハラジ:一人目のグル、二人目のグル、三人目のグル、グル、グル、グル、あなたはいったい何人のグルが必要なのか?必要なのは一人だけだ。あなたは一人のマスターだけに信頼を置かなければならない。そのマスターに完全に信頼を置きなさい。

あなたは一人のマスターと、百年ともに過ごせるが、もし、マスターを受け入れず、完全に信頼しなければ、すべての時間は無駄だ。

あなたは自分自身を完全に信頼しなければならない。そして、それと同時に、あなたのマスターを信頼しなければならない。どんなグルでもいい。あなたの内なるグル、内なるマスターが一番大切な中心なのだから。「内側」とか「外側」という言葉を用いるのは教えるため、あなたを確信させるために過ぎない。だから再び繰り返すが、私が言うことを文字通りの意味で受け取ってはいけない。あなたの内側の内なるマスター、あなたの自発的で名も無い臨在は、膨大な知識を持っている。あなたのマスターはそのパワーを蘇らせている。

確信を得た後は、いかなる種類の誘惑もあってはならない。もっと知識を得るために、どこかに行きたいなどという願望があってはならないのだ。私はあなたのような人たちに以前、会ったことがある。彼らはマントラを受け取り、それからどこか他の場所に行く。私は彼らを気の毒に思った。私は彼らを確信させようとして時間を費やすが、彼らは他のマスターのところへ行く。悲しいことだが、こういうことが起きる。

千人に一人、真剣な探求者がいるかもしれない。

この向うには何も無い。この知識の向うには何もない。これは最終的な真実だ。「あなたはブラフマンだ。あなたはブラフマンだ」。私は同じことを毎日、叩き込む。しかし、あなたはそれを受け入れない。なぜなら、あなたは幻想の世界から出て行きたくないからだ。あなたはそれにとても執着している。
 スピリチャリティのことは忘れてしまいなさい!体には時間の制限がある。時計の針は進み、いつの日か、好むと好まざるにかかわらず、あなたは体を去らねばならない。これは明らかな事実だ。

死の概念は、常に、どんどん近づいている。

あなたはいつまで彷徨い歩くつもりかね?あなたはもう旅行者ではない。あなたは最終目的地、最終点なのだから。もう旅行は必要ない!

以上引用終わり

本当に心を豊かにするのは、だれかのための生産性の向上ではなく、自分が最終目的地であり最終点だという確信だという。企業の利益を上げるために瞑想をするというのは、本来の目的からは遠ざかっている。むしろ、こうした状態で作られたロボットやAIによって、人間がいらない社会が出来上がってしまったら、本末転倒で心の豊かさどころか、自分たちの生存さえ脅かされてしまう。瞑想は、この世の利便性や生産性を向上させるためではなく。本来の自己の探求と絶対的な心の平安と喜びのためにこそ行われるべきものだと思う。