最新記事

言葉の背後の意味に集中する

上江洲先生の光話会に通っていていつも不思議に思うことがある。それは、多くの人がその話を録音しようとして、ICレコーダーなどの録音機を先生の近くに置いておくことだ。先生の話は、毎回違うが、言っていることは、一つで全一体、すべてが一つだということだと思う。だから、話はあまり聞かずに先生の波動を感じて瞑想をしている。まさにその言葉よりも、その背後の意味に集中している状態と言えるだろう。

ラマカント・マハリシの本の中にも同じような言葉があったので、引用してみよう。

以下引用

マハリシ:専心することがとても重要だ。ただ聞きなさい。そして、聞いたことを忘れなさい。私が伝えていること、あなたに話していること、私の言った言葉、それらの背後にある根本現理を知ろうとしなさい。

言葉を分析してはいけない。

言葉は重要ではない。

言葉の背後の意味に集中しなさい。

言葉の背後の根本現理を知ろうとしなさい。

中略

ブラフマンという名前も、「アートマン」という名も、「パラアートマン」と言う名も、「神」という名もすべて、「究極の真実につけられた名前だ。

しかし、言葉は究極の真実ではない。

これが多くの人が犯す間違いだ。

多くの人が、こうした言葉が究極的な真実だと考える。

言葉は、究極の真実ではない。

引用終わり

上江洲先生の話というのもあまり覚えていないし、帰るころにはたいていほとんど忘れている。しかし、またすぐに行きたくなるのは、先生の放つその繊細な波動を感じ、その中で瞑想したいと思うからだ。スピリチュアルな指導者というのは、その人が何を言うかよりも、その人がどんな波動を発しているのかというのが重要になると思う。優しく癒され、深い瞑想状態に入れるような波動を発していれば、その人は本物と言えるだろう。

先生の会に来ていた人で急に来なくなってしまう人たちもいるのだが、そうした人たちは、先生の波動ではなく言葉に幻惑されてしまったのかもしれない。長く続けるためには、言葉ではなく波動を感じるだけの適度な距離感というのものが、必要なのかもしれない。また、今世界で起きている宗教による悲劇は、こうした言葉の背後にある意味を履き違えているせいなのかもしれない。

本当の意味でのライオンキング

最近は、ラマカント・マハリシの「自己なき自己」という本をゆっくりと読み進めている。その本の中にこんな話があった。

以下引用

質問者:では、すべての問題を引き起こしたのは体だということですか。

マハラジ:実際の所、体はあなたに自分自身を知る機会をくれる。体が突然、大きな幻想の隔たりを作り出したので、実在はあなたにとって未知のものとなり、その結果、あなたは自分の真のアイデンティティを忘れてしまったのだ。
強くなり勇気を持ちなさい。臆病な生き方をしてはいけない。ライオンのようになりなさい。ライオンの例え話を知っているかね?子ライオンが羊の群れの中に連れてこられた。子ライオンは、自分も羊だと思い始めた。子ライオンは、犬や狼を怖がった。そして、ある日別のライオンがやってきて、この子ライオンと友達になろうとした。子ライオンは、泣きそうな声で言った。「僕を傷つけないでください。僕は羊なんですから」。別のライオンは、子ライオンを川岸に連れて行って言った。「水に映る自分を見てごらんよ。自分の顔を見てごらん!体の残りの部分も見てごらんよ。わかったただろう?僕は本当のことを言っている。君も僕を同じライオンなんだよ!」。子ライオンは、水面に映った自分の顔。体。各部を一目見るなり、「ああ、そうだったのか!わかった!」と言った。

中略

マスターも同じことを言っている。「あなたは男ではない。女でもない。あなたはブラフマンだ」。咆哮を上げることができるのに何を恐れる必要がるのだろう?

つまりこういうことだ。実在を知れば、あなたはもともとの場所に戻る。

以上引用終わり

ちょうど同じよな話を鷲を例にとったたとえ話で読んだことがある。つまり、自分たちの本質は、臆病な羊や鶏ではなく、気高いライオンや鷲のようなものだということだ。だから、自分たちの本質を知れば、なんの恐れも不安もなくなるということだ。仏教でいう施無畏とは、こういうことを言うのだろう。

そういえば、観世音菩薩は、人々の畏れを取り除くという意味で施無畏者と呼ばれているのだと言う。般若心経の中のこの下り「是諸法空相、不生不滅、不垢不浄、不増不減。是故空中、無色、無受・想・行・識、無眼・耳・鼻・舌・身・意、無色・声・香・味・触・法。無眼界、乃至、無意識界。無無明・亦無無明尽、乃至、無老死、亦無老死尽。無苦・集・滅・道。無智、亦無得。以無所得故、菩提薩埵、依般若波羅蜜多故、心無罜礙、無罜礙故、無有恐怖、遠離・一切[注 6]・顛倒夢想、究竟涅槃。」

は、やはり「自己なき自己」の中のこの言葉に呼応している。

以下引用

ただあることとともに、ただありなさい。ただ自分自身を、体が存在する前の自分の状態でいなさい。あなたは、すでに最終的な真実であり想像も概念もない」、「この恐れの亡霊の悪循環を断ち切りなさい。「私は死なない。私は生まれていない」ということを受け入れなさい。誕生と死は、体だけに、食物からなるからだだけに関係している。この確信がとても重要だ。

以上引用を終わり

すべての苦しみや災厄の原因は、自分が肉体だと錯覚することから始まっている。もっとも、生まれてから死ぬまでずっと肉体の中にあって、痛みや苦しみを体感しているのだから、そう思い込んでしまったとしても無理もないことです。普通の人が、自分が肉体ではないなどという真実にたどり着くのは、本当に難しいことだと思います。

しかし、ありがたいことにその真理に気がついた人たちがいて、その真理をお経や本の中に残してくれいる。だから、後は自分たちが、日々の中で実践して体感としてその真理を理解してゆくだけでいいのです。といっても、その道はそれほど簡単にはいきませんが。

 

 

前橋の花火2019

今年も前橋の花火大会を見に行ってきました。今年の夏も暑かったが、花火を見るとそれもいいものだと思えてくる。来週は、お盆だし、お盆を過ぎれば、朝晩が涼しくなってくるだろうから、暑い暑いと言ってももう少しだ。

本当は、花火の音がそのまま聞こえればいいのだろうが、ラジオで流していた曲が入ってしまっているので、JASRACが気になって流すこともできない。困ったものだ。自分たちの欲望のために、かえって街から音楽を消して行っていることに気がついていないのだろうか。悲しいことだ。

あまりに暑い日には、患者さんもあまり来ない。そんな日は、涼しい山にでも行って、その風景を写真にでも撮って、皆さんにブログで紹介した方がいいのかもしれない。この暑さも、もう少しでしょうから、皆さん、頑張りましょう。

 

 

胃腸の冷えにご用心!

梅雨が明けて、毎日暑い日が続きます。こう毎日、暑い日が続くと、あれほど長かった梅雨のことも思い出すことさえできないぐらいだ。頭の中の思考も記憶も、蒸発してどこかへ飛んでいきそうだ。そんな中昨日来た患者さんが、左の膝から下の筋肉が寝ていてつってしまうと訴えた。

それは、前脛骨筋という筋肉で足の指先を上げる時に力の入る筋肉だ。ちょうどその上に足の三里がある。普通は、足の裏のふくらはぎが寝ていてつれることが多いのだが、足の前の部分がつれるのは、珍しかった。

そこで、何かその部分の筋肉を使うようことをしましたかと聞いてみた。たとえば、仕事で長く歩いたとか、つま先をあげるとか。しかし、特別、何かした覚えはないという。そこで、その部分は、経絡的には胃の流れなので、胃を冷やすことをしましたかと聞くと、冷たいものばかり飲んでいるしアイスも毎晩食べているという。胃の反応は、左に出易いので、冷たい飲み物で冷やした胃反応がそこへでたのでしょうと言った。

今年も異常に高温が続いているので、すでに身体に不調が出ているようだ。熱中症の予防で水分をたくさん補給するのはいいが、胃腸の冷やしすぎには、注意しましょう。そしないと秋口になって、涼しくなるとどっと疲れが出て、夏ばてや秋ばてに繋がります。

熱中症と町内の祭り

昨日は、一日町内の祭りの手伝いをしていた。つい4年前に班長をやったばかりなのに、高齢化などで班長をできる人が減ってしまったので、また、今回班長をやらざるを得なくなってしまった。以前は14軒あったので、14年に一度すればよかったのだが、それが4年に一度では早すぎる。急激に人口減少社会が訪れようとしているようだ。

それにしても14年に一度なら、多少行事が多くても我慢ができるが、4年に一度だとその行事の多さが気にかかる。しかも、最近は、天候不順で、ここ2年ほど町内の花見の時に、桜の花が咲いていなかった。夏は、異常に気温がたかく、昨日も農作業をしていた80代の男性が、作業中に熱中症で亡くなったとニュースをやっていた。毎日、殺人事件や事故、災害のニュースも報道され、明らかに今までの暢気な時代から、将来を見通しづらい危険な時代に変わってきている。

今は、花見や夏祭り運動会といった暢気な行事をするのではなく、想定外の非常事態にいかに備えるかといった目的の行事が必要な時だと思う。そのために町内の人たちが集まって行事を行うなら、こうした会も十分な意味があると言えるだろう。

たたみかける般若波羅蜜多

般若心経を声にだして読んでいて気付いたのだが、後半に「般若波羅蜜多」という言葉が、たたみかけるように入っているということだ。そこでネットでこの言葉を調べてみた所、こんな記述を見つけた。

以下引用

さて、そうした菩薩たちが大乗のスローガンとしたのが「般若波羅蜜多」でした。彼らはこの言葉を拠り所とし、この言葉のもとに集結し、この言葉によって瞑想し、あるいは祈り、この言葉にこめられた理想(「智慧の完成」)を追求したのです。

ここで最初に舎利子に観自在菩薩に問うたことを思い出してください。一体あなたの得たヴィジョンとはどのようなものなのか─。

心経「大本」の「序」によると、これが舎利子の第一の質問でした。それは驚くべき「諸法のヴィジョン」として、すでに明らかにされました。第二の質問は、そのヴィジョンを得る手段は何か、です。
今が、その問いに観自在菩薩が答えようとしている場面なのです。「われわれ菩薩(複数形)の般若波羅蜜多に依るが故に」と。

膨大な大蔵経(仏典)の中で最大規模を誇る「般若経」(玄奘訳の正式名称は「大般若波羅蜜多経」)の主題(テーマ)は、その経題名が示すとおり、「般若波羅蜜多」です。般若心経もまったく同様で、般若心経とはどういうお経かといいますと、「般若波羅蜜多を説くお経」以外の何物でもありません。
観自在菩薩がすべての菩薩を代表して、大乗仏教の「祈りの言葉(マントラ)」としての般若波羅蜜多を宣揚したお経が般若心経なのです。

以下引用終わり (引用元空海アカデミー )

これを読むと「般若波羅蜜多」自体がマントラであると書いてある。それで納得した。今までは、最後のギャーテイから始まる部分だけが、マントラだと思っていたが、般若波羅蜜多という言葉自体がマントラだと思えば、後半になってたたみかけるようにこの言葉がでてくるのも理解できる。


日本語で般若心経を読むと畳み込み高めることができるが、サンスクリット語だとまたぜんぜん違った趣がある。どちらが正解というわけではなく、それぞれの国の言葉に変わったとしても、同じようにその本質は失われていないのだと思う。

般若心経15500回を経過

般若心経を15500回を経過した。声を出しながら、自分の内側を観察している。そして、脳の中心、間脳の辺りの気の変化を見ている。唱えていると毎回、違う感覚があるので、それを楽しんでいる。それは、ちょうど気功指圧をしていも患者さんに毎回違う感覚が現れるのとよく似ている。

最近は、特に残酷な事件事故のニュースが毎日のように報道される。そうしたことに巻き込まれて、身内を亡くした人たちが、いったいどうやって精神的に立ち直ってゆくのかが気がかりだ。なぜ、これほどまでに悲惨な出来事が続くのか訳がわからないが、今の世の中が効率や利益ばかり追って、一番大切な人間性をないがしろにしているからかもしれない。

脳の使い方も、脳の中心を開発するのではなく、その周辺部の大脳皮質ばかりを乱用して、必要以上に急激に技術を高めているので、心のバランスも社会のバランスも崩れ去ろうとしている。人間にとって、一番大切なのは、精神的にも物質的にも今ある状態で満たされて、心に平安と喜びがあることではないだろうか。

テクノロジーというものは、人間を幸せにするためにあるので、そのために逆に人間の仕事が奪われて、失業者が増えたり、社会が不安定になって、毎日、悲惨なニュースばかりになってしまったら、本末転倒ではないだろうか。

いずれにしてもこの残酷な現実をうまく乗り切っていくには、毎日、自分の心の中心に帰って、心の平安を取り戻すことが大切だ。そして、そのために般若心経を唱えることは、とても役に立つ。写経をしている方も多いとは思うが、実際に声にだして唱えて、その振動を体中に広げると細胞一つ一つが活性化して元気がでてくると感じる。

ぜひ、皆さんも気楽に始めてみてはいかがでしょうか。

梅雨の頭痛と坐骨神経痛

今年の梅雨は、存分に雨が降った。そのために湿度が高く体調を崩す人が多かったのではないだろうか。薬師堂は、特に頭痛と坐骨神経痛を訴えてくる患者さんが多かった。去年のようにあまりに早く梅雨が明けてしまって、あまりの暑さで熱中症が続出してしまうもの困るが、ここまで毎日、雨が降るのも体に悪い。

夕べは、寝ていて寝汗をかいて一度起きて着替えたが、その前の2,3日は、3回ぐらい着替えた。これでは、汗をかいて開いた毛穴から、冷えが入って、頭痛が起きたり坐骨神経痛になってしまってもいかたないと思える。肩口から胸にかけて冷えれば、朝おきてから咳が出てしまう人もいることだろう。とにかく湿気というは、身体によくない。

上の写真のように除湿機も一晩ぐらいで、このようにいっぱになってしまう。この水は、空気中から取り出したものなのだから、水の生成機として砂漠の国で販売したら、飛ぶように売れるのではないだろうか。もっとも砂漠地帯は乾燥しているだろうから、これほどまでには水も溜まらないだろうが。

いずれにしても、もう雨は十分だ。そろそろ暑い夏でもいいから、太陽が拝みたくなる。

薬師堂気功指圧センターのチラシを作ってみました

薬師堂気功指圧センターのチラシを作ってみました。チラシ自体は、シンプルにして、詳しい内容に関しては、電話かホームページで確認してもらうようにしました。ちょっと宗教っぽいとも言われましたが、名前は薬師堂だし、求めているのは心と体の平安なので、どちらかというと今の宗教が置き忘れた宗教の本質を追求しているので、まあそういわれてもしかたないかと思います。

ただ生命エネルギーである気は、物理的な存在で要するに電磁波であると捉えています。よく何かが見えるとか憑いているとか言って、脅す人も多いようですが、うちでは、一切そういうことはしません。気とは、極めて科学的な現象であると捉えています。ただ、その感受性においては、個人差がありますので、その効果や反応の現れ方には個人差があります。

まったく気に対する感受性のない方には、分かりにくい場合もあるし、また、反対に気に対する感受性が高すぎて、いろいろな反応がでて、びっくりしてしまう場合もあります。たいていの場合は、気功指圧によって気が入ると内臓が動き出し、身体の芯から温まり、目がすっきりして、非常にさわやかな状態になります。これは、一度体験してみないとわからない感覚なので、まだ、受けたことのない方は、ぜひ、一度お試しください。

気(波動)を感じる力を高めよう!

昨日は、2ヶ月ぶりに山梨まで上江洲先生の光話会へ行って来た。行き帰り雨になると困るなと思ったが、行きには少し晴れて逆に暑くなったし、帰りも大して降られることもなく無事帰ってくることができた。なんとなく先生も疲れているように見えたが、それは梅雨の気候のせいではなかったようで、先生が光話の中で、こんな話をしていた。

それは、奈良の会場でのことだったそうで、ある人の質問で、もし自分が無くしたカードを家に帰ったら、物質化してテーブルの上に置いておいてくれなければ、奥さんに離婚されてしまうというものだった。先生を試すような随分失礼な質問だと思う、しかも自分ではなく奥さんがした質問とし、離婚されるからなんとかしろというまったく自分勝手で無責任なものだ。こんな馬鹿げた質問を師に対してしてしまうのは、おそらくその人が、先生の教えを単に頭で理解しているだけで、先生の発する精妙なエネルギーの波動を感じとることができないからなのだと思う。

その質問に対する先生の答えは、そもそも愛一元の世界にいるのだから、たとえ離婚しても、本質的に別れるということは有り得ないのだから、恐れる必要はないというものだったと思う。それとカードの物質化の件は、それでは、物質化しますが、そのカードを見るには、心に一点の曇りがあってもならない、心の汚れている人には見ることはできないというものだった。なかなか見事な返しだと思った。そして、先生は。自分の人間という形の奥にあるものを、その本質が放つ波動を感じとるようにと言っていた。確かにその通りだと思った。その時私は心の中で、いつも先生の精妙な波動を感じ感謝していますので元気をだしてくださいと答えていた。そう思ったのも、40年間絶えず本質を説き続けても、未だにこうした質問が来ることに、さすがの先生も少し疲れているように感じたからだ。

帰りの車中で、友達とその話になり、そういえば、随分たくさんの人たちが、来なくなってしまったのも、結局、彼らは、先生が発する精妙な波動を感じることができなかったからではないと語り合った。

今朝、治療に来た患者さんは、気に対する感受性の強い方で、足に気を送っているにもかかわらず痛みの原因である腰が痛いという人だ。そして、その人が、高野山に行った時の話をしていたので、「空海は今でもエネルギー体として生きているという話を聞きますが、空海に会えましたか」と聞いたら、確かに生きていてその波動を感じることができたと答えた。

こうした患者さんは、気の感受性が高いので、針を打ってそこへ気を送ると治りが早い。自分を肉体だと錯覚していると必要以上に変に筋肉を鍛えてみたりと間違った方向に向かいがちだが、本当に必要なのは、気(生命エネルギーの波動)を高めることだと思う。そうすれば、素晴らしい体験が待っているのだから。