最新記事

災害などによる突然の死に備えるには

最近は、毎年なんらかの災害があり、今回の台風でもたくさんの方が犠牲になってしまった。今のところは、大丈夫であったとしても明日は我が身になる可能性が誰にでもある。特に、自動車に乗っていて、道路や橋が崩落して犠牲になってしまった事故が何件かあったが、まさか自分がそんなことで亡くなるとは、誰も夢にも思っていなかったのではないかと思う。また、橋の上で信号待ちをしていて、「今地震が来たらどうなるのだろうか」とふと思うことがよくあるのだが、自分自身が崩落に巻き込まれていつ死んでしまうかもわかわからない状況になっている。そして、こうした時代だからこそ、日ごろから「死」について考えて心の準備をしておくことが必要ではないかと思う。

ちょうど「自己なき自己」にそのことについてふているので、また引用してみよう。

以下引用

マハラジ:時がたつのは早い。あなたの人生の一瞬一瞬が価値があるものだ。

あなたとともにありなさい。人生の終わりのときまで、自分自身を置き去りにしたりしないこと。

今こそ、自分を本当の意味で知ろうとしなさい。そうでないと概念や幻想、思考があなたに圧力をかけ続けるだろう。あなたの人生は混乱と葛藤の内に終わるだろう。

死の概念に立ち向かう勇気を持ちなさい。あなたに死はない。体にとって、あるだけだ。あなたの人生は恐れのないものでなければならない。恐れのない人生は可能だ。ただエゴを取り去ればいい!文字の知識は役に立たないのだ。それはちっぽけな知識だ。あなたはちっぽけではなく、偉大だ。あなたは全能だ!あなたは偉大なのだ!だから、あなたの偉大さを見つけなさい!真我を発見し、自分自身の知識を明らかにしなさい。そうすれば、偉大なる真の知識が豊かに見つかるだろう。

知的な知識は十分ではない。あなたは根本まで行かねばならない。深く深く行きなさい。

中略

あなたは偉大だ。あなたは全能だ。

今こそ、真剣になって、内側を見て、根本まで行くときだ。死の瞬間は、幸せな瞬間でなければならない。

以上引用終わり

最近は、終活という言葉が流行ったりして、週刊誌でも「死」について特集を組んだりしているが、そのほとんどが「死」そのものを見つめるというよりは、死に際しての手続き上の問題をとりあげているだけだ。マハラジが言うように死の概念に立ち向かう勇気があれば、世の中の見え方も違ってくる。そして、死がないということがわかり、死んでも死なない命に気づくことができれば、この世は明るいものとなるだろう。今の社会の矛盾は、死を恐れ遠ざけようとしていることから起きていることが多いのではないだろうか。

また、マハラジが、私たちの本質は、身体形態ではなく臨在だという意味は、海と魚を例にとれば、自分たちは魚ではなく、海の水そのものだということだろうか。個我としての意識は、肉体の死を持って終わったとしても、その水分が海に溶け込むように意識の大海へと帰ってゆく。その大海のことを無とか空という言葉で表現している。そして、マハラジは、そのことを体感するためにマントラ、瞑想、バジャン(神を賛える歌)を行うことが大切だと言っている。自分としては、般若心経を唱えることや瞑想を行うこと、そして、気功指圧で患者さんと気の対話をし、「青い海」の気功を教えることを日々の行として行っている。こうした行に集中して、概念や幻想、思考が浄化されて解放された時に自発的に悟りの瞬間が訪れるという。

今回の災害でも残念ながら、たくさんの人が亡くなってしまったが、もし我々にこうした知識があり、日々精神的に深めることの重要性を認識し、実践していたなら、その死の瞬間は幸福なものにすることができるのではないかと思う。

 

まだ結婚できな男と縁


テレビの番組でまだ結婚できない男というのがあり、ついはまって見てしまった。そういえば、うちの兄貴もまだ結婚できていないし、けっこう知り合いにも結婚できない男たちがごろごろいる。かく言う自分もまだ再婚できていない。こうした場合、縁遠いとか縁がないというが、さて縁とはいかなるものなのだろか。

それは、ミツバチと花の関係のようにある時期がくると出会い、結びつく関係のことだと思う。花が咲く前、冬の寒い時期には、どんなにたくさんの木があっても、ミツバチは飛んでこないが、春になっていっせいに花を咲かせるとミツバチが飛んできて花に群がり蜜を集めるようになる。つまりは、縁とは機が熟するということを意味している。

ドラマの中のまだ結婚できない男は、偏狭な性格ゆえにいつまでも心を開き相手と関係を結ぶことができないので、女性と話す機会はあっても付き合うことができない、つまりはまだ機が熟していないという設定で、その不器用さが、面白く見ていて笑える作品だった。そして、その中にこんな台詞があった。

隣に住むみちるという女性の部屋で、テーブルを挟んで結婚できない男の桑野とみちるが相対して気まずそうに座っている場面で、

桑野:「な、こういう時、頭の中で般若心経が流れたりしないか?」

みちる:「しません。っていうか知らないし。」

桑野:「そ」

この台詞には思わず大笑いしてしまった。頭の中で般若心経が流れることは、素晴らしいことだが、女性と二人きりのこうした場面だ、そうなるとは、たいしたものというか、そのまま仏の道に進んだほうがいいくらいだ。人の世の縁は、出会う縁もあれば、別れる縁もあるが、季節が移りゆき、花が咲き散るようにどちらも自然なことだ。しかし、誰もが最後にたどり着くのは仏の縁だ。自ら覚醒し本当の自分に気づき仏になる縁ほど素晴らしいものはない。なぜなら、その時期を迎えれば、二度と失うことのない最高の喜びという果実を得たことになるのだから。

 

自分の内への幸せなリトリートが始まった

「自己なき自己」を読んでいるとしだいに外界との関係を持つのが億劫になり、自分の内への幸せなリトリートが始まる。リトリートは、よくヨガの合宿などで使われているが、元々の英語の意味は、退却、撤退や隠れ家、黙想などを意味していたようだが、今では、仕事や家庭生活から一旦自分を切り離し、どこか違う場所に行って自分を見つめ直し、リフレッシュすることとして使われているのだそうだ。しかし、この本を読んでいると、今ここ,この場所に居ながらにして、意識が日常から離れ自分の内面に向かって流れ始めることがある。これは、車を運転したり日常生活を送るのにはちょっと危険ではあるが、幸せな内面への退行とも言える。

考えてみれば、人の苦しみのほとんどが、自分を身体形態つまりは肉体と一体化しすぎて起きている。そして、不必要に細かい決まりごとを作って、自らそれにはまり込んで苦しんでいる。それは、まるで自ら掘った穴に落ちて苦しんでいるようなものだ。生命エネルギーの流れは、川の流れのようにアバウトだ、それを護岸工事によって直線的になった川のように決まりでがんじがらめに縛ったら、行き場を失って病気になってしまう。学校でも職場でもうつが増えて問題になっているは、そういうことなのではないかと思う。

だから、自分と肉体が必要以上に強く結びついて感情的になり、体にも異変がおきだしたら、いったん意識を肉体から切り離し、冷静になって見つめ直すことが必要だ。そのためにリトリートという言葉も最近はよく使われているのだろう。一般的にリトリートというと場所を変えて瞑想などをすることのようだが、「自己なき自己」を読むことによって、自動的にリトリートが始まってしまった。インドの聖者のところに行って瞑想しなくても、今ここで内面に向かえばそれでいいのだ。なぜなら、マハラジが言うようにマスターは、自分自身の中にこそいるのだから。

すすきと彼岸花と蕎麦の花

10月だというのに今日も暑い一日となった。稲の穂は、黄金色に輝きすでに収穫を済ませた田んぼもでてきた。普通なら秋風に吹かれて涼しげなすすきも、今日の空の色では、夏の空気にかすんでいた。

往診の帰りいつもの蕎麦畑に寄って写真を撮った。もっと高い所から全体像を撮りたかったのだが、近くにそんな場所もなく、蕎麦畑全体を撮り降ろすことはできなかった。

ちょっと前までは、赤とんぼがたくさん飛んでいたが、今日は、さほど飛んでいなかった。もう、彼らの時期は、過ぎてしまったのだろうか。

彼岸花は、曼珠沙華とも言い。仏教では、赤色(一説に、白色)で柔らかな天界の花。これを見るものはおのずからにして悪業を離れるという意味があるらしい。蕎麦畑の白い華の色と相まって、心を浄化してくれている。

御幸田団地の上の蕎麦畑は、今が見ごろなので興味のある方は、ぜひ、行ってみてください。

ブログのアクセス数月間1000突破!

5月にHPとブログを一つにまとめてから、できるだけまめに記事を書いて更新することに努めてきましたが、今日、アクセス数が月間1000を越えました。これもひとえにいつも読んでいただている皆さんのお陰です。どうもありがとうございます。これからも心体のことなど身近なことから、深い喜び、真理に繋がる記事を書いてゆきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

いつも行く御幸田団地の上の蕎麦畑では、夏撒きのそばが、きれいな白い花を咲かせています。こうした渋川の風景写真も楽しんでいただけばと思います。

人生100年時代は幸せか

最近は、テレビで人生100年時代に備えて保険の見直しをとかいうコマーシャルをよくみるようになった。ニュースでも少子高齢化を踏まえて年金制度を見直し、年金の支給年齢を70歳まで引き上げるような報道を目にする。こんな報道を見るといたずらに不安を煽られ、なんだかますます生きていることが楽しくなくなってしまう。なぜ、こんなことになってしまったかと言えば、自分を肉体と錯覚して、死の恐怖を遠ざけ一日で長く生かすことが医療の使命だと誤解していることから起きているのではないかと思う。死ぬまで働き続ければならないなら、長生きに何の価値があるというのだろうか。そろそろ延命第一主義の間違った考えから卒業してもいい頃だろう。この肉体を離れて本来の自分に帰るということは、素晴らしいことなのだから。

また、「自己なき自己」の中で死について語っている文章があったので、マハラジの言葉を引用してみよう。

以下引用

マハラジ:(前略)
      すべての身体知識が消えるときが来るまで、あなたは不安定に感じ、変化や浮沈みを経験するだろう。これは明らかな真実だ。明らかな真実、最終的な真実だ。

身体との誤った関係性により、あなたはこの真実を受けれることができない。

質問者:どうすれば、その関係性を取り除くことができますか。?

マハラジ:瞑想が唯一の方法だ。それは、映画のフィルム上の映像をきれいに消してしまうようなものだ。瞑想によって「私は生まれ、死ぬ」というような幻想の思考や概念のフィルムをきれいにするのだ。幸福、不幸、孤独、希望、恐れ、記憶、こういう概念はすべて、なくさなければならない。すべて、消えなければならない。

最も重要な概念は、「私はいつか死ぬ」だ。皆が死を恐れている。死が好きな者はいない。

身体は死を経験する。しかし、もっと深く分け入って「もし私は生まれていないし、生まれなかったのなら、では誰が死ぬのだろう?誰が死ぬのか」と自分に尋ね、その答えを見つけなさい。死と誕生は体にのみ関係している。体は私のアイデンティティではない。これは明らかな真実だ。体がいつか埋めれるか燃やされることは間違いない!避けることはできない。!スピリチュアリティは忘れてしまいなさい!
 これは合理的で論理的な考え方だ。もし、体は自分のアイデンティティではないということを受け入れれば、その論理に従って、死もないということになる。この結論は疑いようのないものだ。死を恐れる必要などあるだろうか?

以下引用終わり

すべての間違いの始まりは、自分を肉体と錯覚することから始まっていると言っている。もっとも肉体がなければ、この世に存在し、人と会い、会話し、触れ合い、愛し合うことも家族をつくることも何もできないのだから、錯覚しても当然といえば当然なのだが。しかし、その肉体を超えた普遍的な存在が本来の自分であることに気づくなら、当てにならない年金を気にしたりして無理して長生きをする必要もないし、死を恐れて遠ざけるために必死で健診を受ける必要もない。もっと自由に楽しく今ある命を楽しみ、本来の自己に出会えるように瞑想なり読経などをして日々深い意識の状態に入れるように努めていればいい。また、その時が来たなら、「死ぬる時節には死ぬがよく候」と言った良寛さんのようにたただ素直にそれを受け入れればいいと思う。そうすれば、自分も社会も明るく楽しいものとなるだろう。

 

 

 

結婚は気が合わないと辛くなる

男でも女でもそれぞれ固有の気を発している。初めは、好き嫌いでいっしょになったとしても、その気の波長が合わないと長い間には、一緒にいることも自体が辛くなってしまうこともある。特に相手が冷たいきつい気を発している場合は、毎晩まるで針のむしろの上で寝ているような厳しい状態となる。相手が特別、その人を傷つける気がなかったとしても、無意識に発する気に傷つけられてしまうのだ。

しかもこういうことは、実際に一緒に暮らしてみないとわからない場合が多い。ただ、だからと言って、そうしたすべてのカップルが別れを選らぶとは限らない。子供のために我慢したりして、そのまま別れずに暮らす場合もあるだろうし、経済的な理由から別れる事ができない場合もあるだろう。ただ、そのまま一緒に暮らす場合は、精神的にも肉体的にも傷ついてしまう可能性が高い。もっとも、ソウルメイトかと思うほど気が合い、いっしょにいるだけで楽しいという相手であったとしても、別の理由で違う相手を選んでしまうこともあるのだから、この世の中、何がいいのかわからないものだ。

最近は、離婚も多いし、夫婦関係で悩んでいる人も多いと思うので、好き嫌い良い悪いは別として、生命エネルギーである気が合わない場合もあるということを知っていると正しい判断をする上に役だつのではないかと思う。

人生の探求者になるのか旅行者で終わるのか

澄んだ青い空に彼岸花と蕎麦の白い花。夏から秋に季節は移り行き、まだ日差しは強いがすがすがしい風の吹く心地良い季節がやったきた。

また、「自己なき自己」に面白い文章をみつけたので、要約しながら記してみたいと思う。

以下引用

マハラジ:マハーラーシュトラ州には、富の神ラクシュミーに関する話がある。ラクシュミーがあなたの家のドアをノックするのだが、あなたは彼女がラクシュミーだとは気づかない。あなたは箒(ほうき)をつかんで、「帰れ!」と言う。同じようにマスターが真の知識を持って現れるが、あなたはマスターの重要性を知らず、軽視しているので、「けっこうです。マスターはここではなく、ナーシクにいるんだから!」と答える。一般的に言って、ここに来る99%の人が、「私にマントラをください。これは私の息子です!これは私の娘です!彼らを祝福してください!」と言う。そういう人たちは、熱心にマントラを欲しがるのだが、それは奇跡を求めているからだ。彼らはマントラを受け取れば金持ちになったり、仕事や結婚を得られると期待している。こういう期待を超えて、本当に興味を持っている人はほとんどいない。

シヴァ神にまつわる話を聞かせよう。シヴァ神の寺院に何千人もの人たちが集まって踊り、「シヴァ神よ、あなたに帰依いたします」と祈っていた。

古代の聖者の一人、ナラダがシヴァ神に尋ねた、「なぜあなたはこの人たちにダルシャンを与えないのですか?彼らは素朴な帰依者です。皆が「それと一つ」になりつつあります。彼らはあなたの名を唱え、褒め称えています。それなのにどうして彼らを無視するのですか?あなたは残酷だ彼らのもとに行くべきです」

シヴァ神は答えた。「わかった、とても大変なことだが、行こう。しかし、それには一つ条件がある。私は皆から10キロ離れたところに立つ。彼らに私のところまで来るように言いなさい」。ナラダは寺院に行き、人々に告げた「帰依者たちよ!シヴァ神がこの世に降臨し、ダルシャンを与えてくださる。私とともに来なさい」。

以下要約

以下は話が長くなるので要約するとまず半分の人がシヴァ神の降臨を信じなくて来なかった。次に途中の銅製品の店で心を奪われてその半分が帰ってしまった。そして、次は銀製品の店で半分減り、その次は、金製品の店がありまた半分減り、ほんの少ししか残っていなかった人もダイヤモンドの店で心を奪われ帰ってしまい、結局シヴァ神のもとにたどり着いたのは一人きりになってしまったという。

要約終わり

そしてシヴァ神が言った。「あの帰依者たちは皆、何かを期待していたいのだ。彼らは何かを求めていた。私はたった一人の真の帰依者のためにここに来たのだ」

この話が伝えていることも同じだ。皆が僧院や寺院、アシュラムに行くが、彼らはスピリチュアリティに興味があるのではない。彼らはたくさんの場所を訪れて、あちらこちらで何かを味見しているにすぎない。彼らは、ただ5,6ヶ月インドを訪ねて休暇を取っているだけだ。アシュラムに滞在しているが、真の知識に興味があるのではない。彼らは、アシュラムからアシュラムへと南から北へと渡り歩く。

ニサルダッタ・マハラは言っていたものだ。「彼らは、旅行者だ。探求者ではない」彼らは本当の探求者ではない。だから、

私はあたに旅行者になるなと頼んでいるのだ。これはあなたの機会だ。もし、あなたがこれを逃してしまったら、それはもう戻ってこない。

そして、あなたは再び葛藤し、困難の中にあることに気づくだろう。

覚醒したマスターは、大きな困難の後に来る。何と稀なる知識だろう!多くのマスターがいるが、弟子に悟りを与えるマスターは非常に稀だ。

以上引用終わり

自分が上江洲先生のもとへ通い始めてもう10年以上たつだろうか。その間に自分で会を主催して上江洲先生を招いていたような人も、随分来なくなってしまった。非常に残念なことだが、この話を読むと良く分かる。わざわざ沖縄の先生の会に参加したり、海外まで一緒にいった人たちも来なくなったが、彼らは単なる旅行者だったということだったのか。自分が教えている気功教室も最後までついてきたくれたのは、3人ぐらいになってしまった。しかし、その人たちは、「青い海」の気功を深く理解し、毎回楽しみしてくれている。最近、新しい生徒さんが、何人か入ってきてくれたが、その人たちもこの気功を楽しみ、青い海のイメージの世界を深く味わうことができるようになり、そこから本当の喜びに目覚めることを期待している。

 

般若心経はCOOLでSEXYか

どこかの国の若い環境大臣が、国連の場で「環境問題は、楽しくかつCOOLでSEXYじゃなきゃならい」と言ったとか言わなかったとか。同じく般若心経も色即是空、空即是色は、SEXY即COOL COOL即SEXYと言い換えたら面白いかもしれない。今までの般若心経に対する捉え方は、お葬式で聞くので死を連想してしまうことから、普段はできるだけ聞きたくないと思っている人もなかにはいるのかもしれない。

上の若いお坊さんの唱える般若心経の歌は、そうした固定概念をぶっ壊して、その素晴らしさを我々に教えてくれている。般若心経の中身をみると、人は「生まれることもないし死ぬこともない」と言ったりしている。それって、北斗の拳で「おまえはもう死んでいる」と言われる以上にぶっ飛んでいるんではなかろうか。それは、うす暗いお寺のお堂で聞くような古臭く辛気臭いものではまったくない。

むしろ、自分たちを迷いと苦しみに満ちたこの世から救い出してくれる頼もしい存在だ。鐘の音が、「ご~ん」と響くその振動を身体全体の細胞一つ一つに伝えるように般若心経を唱えてゆくと、しだいに深い内面の世界へと入ってゆける。声を出しながらする瞑想のようなものだ。脳の中心の振動数を上げることで、宇宙の中心に広がる振動と共鳴して一体化してゆく。それが般若心経を唱える喜びだ。これからも、楽しくCOOLでSEXY即是空でこのお経を唱えてゆきたいと思っている。

 

 

心の平安

昨日は、子供とお袋と3人でお昼を食べた後、カラオケに行って歌を歌ってきた。初めのうちは、あまり声が出ず、上手に歌えなかったお袋も最後の曲になる頃には、いつもどうりの調子がでていい声で演歌を歌っていた。そんなお袋も昨日の朝家に行ったら、涙ぐんでいた。どうしたのかと聞けば、「今日は、お父さんの命日で思い出すと悲しくなるんだよ。早くお前も仏壇に行ってお線香を上げてきな。」と言われた。そこで、仏壇にいくと線香を上げて手を合わせ般若心経を唱えた。

よくお袋に「お前は冷たいね。お父さんが死んでも悲しくないんかい。」と言われるが、そんな時は、「違うよ、ただ真理を知っているだけだよ。」と答えることにしている。

楽しければ笑い、悲しければ泣き、死ぬまで旅行を楽しみ、機会さえあれば未だに海外旅行でさえしたがっている。こんなお袋は幸せといば、幸せなのかもしれないが、本当の真理を知らずにこのまま終わってしまうとすれば残念なことだと言えるかもしれない。人間本当の苦しみを体験すれば、絶対的な平安の世界を求めるものなのだと思う。そういう意味では、苦しみこそ真理に至る契機と言えるだろう。

「自己なき自己」に「平安」についてまた素晴らしい言葉が載っていたので、また、少し引用してみたいと思う。

以下引用

マハラジ:瞑想とともに、浄化のステージが始まる。浄化とは、すべての概念が徐々に、静かに永続的に消えていくということだ。最初のうちは、身体レベルで多くのことが起きるだろう。ほんの少しの間だけ、スピリチュアリティを脇に置いて、事実を見なさい。

スピリチュアリティについては忘れなさい。存在する前、あなたは世界や家族や神について何も知らなかった。

すべての必要性と要求は、身体知識を通じてのみ確定される。もし、身体がなければ、家族もないし、妻や夫、子、父、マスター、弟子、神も必要ない。スピリットが身体にはまった瞬間、あなたは長い「欲しいものリスト」を持つようになった。「私は幸福が欲しい。平安が欲しい」等々。こういうものは概念だ。誰が平安を欲しいのか?あなたは平安が何かを知らない。「私は平安が欲しい」、「あなたは平安が欲しい」、これらは概念、ただの概念に過ぎない。あなたはいつこの平安に出会ったのか?

平安はある。それをかき乱しているのは、あなただ。平安はあるのに、あなたがそれをかき乱しているのだ。

以上引用終わり

平安が欲しいと思うのは、外に向かって自分の欲望(仏教では五欲と言って、食欲、色欲、睡眠欲、財欲、権力欲等があるという)を満たそうと動き回り、結局失敗し失望し心に傷を負いどうしよもない精神状態になってからだ。だから、一般的には、まだまだそれらを追い求めている人の方が多いのではないかと思う。

ところが、人間本当に苦しい状況に追い込まれると、心に平安が欲しいと必死で願うようになる。幸せな状態では、心の底から平安が欲しいとは、なかなか思えないものだ。欲望の赴くままあっちへふらふらこっちへふらふらと生きて、チ子ちゃんじゃないが、「ぼ~としてんじゃないよ」と怒られてしまう。

かつて、自分も精神的はショックを受け、心が壊れ、抑うつ状態になったことがある。その時は、般若心経を1万回唱えることで、時間をかけてしだいに回復することができた。3千回唱え終わるとだいぶ落ちついてきて、ある時、自分を苦しめていたのは、自分自身の中にある執着心だったということに気がついたら、それ以後一気に楽になった。だから、ラマカント・マハラジが言う。「平安はある。それをかき乱しているのはあなただ」という言葉の意味がよくわかる気がする。

般若心経を唱えるのは、身体にはまり過ぎて、肉体や物質に執着して困惑している自分の意識を肉体から引き剥がし、外から自分を照らすように冷静に見られるようになるための修練だ。それが進むにつれて、やがて心に平安が訪れるようになり、再び平常心をもって、日常を生きることができるようになる。